読書や勉強時のオススメの飲み物はコレ1択【秒で集中力MAX】

あなたは読書や勉強などの集中したいときにこんな風に思ったりしませんか?

  • 読書や勉強の時ってどんな飲み物がオススメなんだろう?
  • 集中力が続かないんだけどコスパ良くて効果も高い飲み物ってない?
  • 読書や勉強しても記憶に残らないのを何とかしたい。

って思ってませんか?

でも実はそんな悩みを解決できる飲み物があるんです。

どうせ本を読んだり勉強したりするならちゃんと集中してたくさん吸収したいですよね。
せっかくの読書時間や勉強時間を有意義なものにしないと時間がもったいないです。

読書や勉強に集中出来なかったらお金だってもったいない・・・。

そこで今回は集中力をアップさせる読書や勉強のお供にしたいオススメの飲み物をご紹介していきます。

この記事を読めば読書や勉強に集中できてたくさんの知識を本から得られるようになります。
ぜひ参考にして下さい。

この記事の信頼性
僕は今回ご紹介する飲み物を飲んで仕事が忙しい中、読書やブログ執筆に集中し200本を超える記事を書くことができました。また、科学的にも集中力が上がると証明されている飲み物です。

読書時の飲み物は『バターコーヒー』で決まり|たった3分で集中力アップ&コスパ最強

読書時の飲み物はコレ1択|たった3分で集中力アップ&コスパ最強

読書や勉強のお供にしたい最強の飲み物はすばり良質なバターを使った『バターコーヒー』という飲み物です。

割と有名ですので聞いた事があるという人もいるかもしれません。
でも実際にバターコーヒーってどんな飲み物なの?って思いますよね。

最強の読書や勉強のお供バターコーヒーってどんな飲み物?

読書や勉強のお供にしたい飲み物であるバターコーヒーとは集中力がとてつもなくアップするので効率化が可能です。

しかも材料さえあれば簡単に作れますし、良質なバターとはいえコスパも最高なので非常にお手軽です。

このバターコーヒーとはその効果が認められ世界的大企業やエリート達が集結しているシリコンバレーではメジャーな飲み物として愛飲されています。

また、日本でも『ノンストップ』というTV番組で紹介されたり都内で専門店も出来るほど認知され始めて来ています。

またこちらのベストセラー本でも話題になりました。

僕はこの本を読んでバターコーヒーという飲み物の存在を知ったのですがそれ以降は読書やブログ執筆の相棒として非常に役に立ってくれています。

※2019年7月の投稿ですが2020年5月現在も飲み続けています。

もちろん集中力が爆発的に上がるとはいえ魔法の飲み物ではありません。
ですが魔法に近い飲み物と言えば?
と言われたら間違いなく最も近い飲み物と言えそうです。

『良質なバター』と『コーヒー』が読書に最適な理由

『良質なバター』と『コーヒー』が読書に最適な理由

でもなぜ読書や勉強する時の飲み物は良質なバターを使ったバターコーヒーが最高なのでしょうか?

それは世界のエリート達が飲んでいたり僕も効果を実感してる以外にもちゃんとした科学的根拠があるからです。

なぜ良質なバターが読書に最適なのか?

バターコーヒーが読書や勉強に最適な飲み物である理由はケトン体(脂質)のおかげです。

そもそも人間は『糖質』と『ケトン体』の2つが活動のエネルギー源になっています。
ですが糖質とケトン体は性質が全く違います。

『糖質』は血糖値が一気に上昇し脳にエネルギーを供給してくれるがその分下降するのも早いです。

この血糖値の乱高下が集中力を散漫にさせてボーっとしたりする原因になってしまうんです。

参考:東洋経済ONLINE体調不良につながる「血糖値スパイク」の深刻

血糖値の乱高下が集中力を散漫にさせてボーっとしたりする原因になってしまう

一方で『ケトン体(脂質)』は血糖値の乱高下は一切ありません。

つまり血糖値の乱高下による集中力の散漫が起きないのに脳に安定してエネルギーを送る事ができる飲み物がこのバターコーヒーなんです。

ケトン体は緩やかに脳へエネルギーを送り続けるので集中力が乱高下せずに維持されるの図

しかもケトン体は糖質と違い消化によるエネルギー消費がありません。
つまり飲み物で摂取したケトン体のエネルギーがそのまま脳に突っ込まれるイメージです。

ですからケトン体を豊富に含んだバターコーヒーは読書や勉強に最適な飲み物なんです。

参考:シリコンバレー式 自分を変える最強の食事

  • 糖質は血糖値の乱高下によって集中力が散漫になる。
  • ケトン体(脂質)は血糖値の乱高下が一切なく消化によるエネルギー消費もないのでそのまま脳にエネルギーを突っ込める。

なぜコーヒーが読書や勉強に最適な飲み物なのか?

もう一つ読書や勉強に最適な飲み物としてバターコーヒーをオススメする理由はコーヒーに含まれるカフェインにあります。

実はカフェインを摂ると読書や勉強に必要な集中力が向上するということが分かっています。

なぜかというと脳の中枢神経をカフェインが刺激してくれるので集中力が向上するのです。

実際にアメリカのタフツ大学の研究でカフェイン摂取の有無でグループ分けした被験者数十人に対して、誤字脱字のミスを見つけてもらう実験を行いました。

その結果、カフェインを摂取した人の方がカフェインを摂取していない人よりも集中して好成績を残すことができたとの事です。

ですからカフェインにも読書や勉強に必要な集中力が高まる効果が期待できるということが証明されているんです。

結論→ケトン体×カフェイン=読書や勉強時の最強の飲み物

つまり集中力が上がるカフェインと脳に効率的にエネルギーを送るケトン体が組み合わさるととてつもない集中力を発揮することができるようになるんです。

これが読書や読書のお供にしたい飲み物がバターコーヒーである理由です。

コスパも良いのに読書や勉強がはかどる飲み物

読書や勉強の時のお供として最強のバターコーヒーはコスパ的にもオススメ過ぎるというのもメリットです。

バターコーヒーに使うバターは良質なバターでなければなりません。
良質なバターと言われるとコスト的にちょっと身構えてしまうかもしれませんが実は缶コーヒー1杯以下で済みます。

シリコンバレー式 自分を変える最強の食事ではグラスフェットバターとギーバターが推奨されていますのでこれを購入した時のコストを考えてみましょう。

ちなみに代替品としてMCTオイルもケトン体を多く含んでおり味噌汁にかけたりできるなど汎用性も高いので参考として入れておきます。

缶コーヒー1杯以下で済むのでコスパが最強

3700円で買える1キロの『グラスフェットバター』は大さじ一杯(12グラム)を毎日飲んだら83日持つので1日当たり『44円』です。

1700円で買える200グラムの『ギー・バター』を大さじ一杯(12グラム)毎日飲んだら17日持つので1日当たり『100円』です。

2200円で買える360グラムの『MCTオイル』を大さじ一杯(12グラム)を毎日飲んだら30日持つので1日当たり『73円』です。

どれも缶コーヒー1本分以下です。
それで読書や勉強の効率がアップするならコスパ良すぎますね。

読書の最強のお供バターコーヒーの作り方

読書の最強のお供バターコーヒーの作り方

では実際に読書や勉強をするときの必需品の飲み物であるバターコーヒーを作るにはどうしたら良いのでしょうか?
作り方について解説していきます。

用意する物

  • 良質なバター(グラスフェットバター、ギーバター)
  • バターの代替としてMCTオイルでも可能
  • コーヒー(インスタントでもOK)
  • シェイカーorブレンダー(最悪なくてもOK)

バターコーヒーのキモとなる良質なバターは普通のスーパーには売ってないです。

シリコンバレー式 自分を変える最強の食事ではグラスフェットバターとギーバターが推奨されていますのでこれを購入しましょう。

グラスフェットバターは良質なバターで
ギーバターはグラスフェットバターから不純物を取り除いた超良質なバターといった感じです。

MCTオイルは代替品として使えます。
また汁物にかけたりできるなど汎用性もgoodです。

作り方

【ステップ①】グラスフェットバターかギーバターをコップに入れる(大さじ1杯くらい)

バターコーヒーの作り方①

バターコーヒーの作り方①

【ステップ②】コーヒーを入れる(インスタントでもOK)

バターコーヒーの作り方②

バターコーヒーの作り方②

【ステップ③】ブレンダーかシェイカーを使って混ぜる。(スプーンで混ぜてもOKだが撹拌が不十分になってうまく混ざらない)

バターコーヒーの作り方③

バターコーヒーの作り方③

【ステップ④】出来上がり。

バターコーヒーの作り方④

バターコーヒーの作り方④

割と簡単に作れます。

更に詳しくは【お手軽&簡単】バターコーヒーの作り方と体感した5つの効果で解説しています。

肝心のお味は?

クリーミーでとても美味しいです。
MCTオイルはコーヒーの味は一切変わらないのでそのままの感覚で飲めるのでオススメです。

後は実際に作ってみてご自身で確かめてみましょう。

結論→読書や勉強時の飲み物は『効果』『コスパ』『手軽さ』ともにバターコーヒーが最強

結論→読書時の飲み物は『効果』『コスパ』『手軽さ』ともにバターコーヒーが最強

この記事の結論はこんな感じ。
読書や勉強時の飲み物は『効果』『コスパ』『手軽さ』ともにバターコーヒーが最強。
という事です。

  • 集中力が上がるカフェインと脳に効率的にエネルギーを送るケトン体が組み合わさりとてつもない集中力を発揮できる。
  • 良質なバターと言われると身構えるが実際は44円ほどでコスパが最強。
  • 誰でもカンタンに作れる。

効果としても申し分ないのにコスパも良くてカンタンに作れるのがこのバターコーヒーなんですね。

これだけ良い飲み物なのであればシリコンバレーの世界的エリート達がこぞって愛飲したり専門店もできるのも分かりますね。

僕は朝読書をするのですが毎日この飲み物を飲んで1日をスタートさせます。
そうすると読書もはかどるし記事の執筆もスイスイ進むんですよね。

ですからあなたもぜひこのバターコーヒーをいう飲み物を読書や勉強のお供として飲んでみて下さい。
もちろん仕事に活かしてもらってもOKです。

効果はぜひご自身で飲んで確かめてみて下さいね。

関連記事 【お手軽&簡単】バターコーヒーの作り方と体感した5つの効果

関連記事 読書の集中力を高める12の方法|科学で証明された挫折しない本の読み方

以上
読書や勉強時の飲み物はコレ1択|たった3分で集中力アップ&コスパ最強
でした。

オススメ記事 『Kindle Unlimited』の感想&口コミ|年間200冊の読書家が解説

オススメ記事 【無料体験しよう】オーディオブック大手2社の徹底比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です