【後悔】読書の大事さに気づいた【もっと早く読んでればよかった】

【後悔】読書の大事さに気づいた【もっと早く読んでればよかった】

なや美

読書って大事って言うけどなんでそんなに大事なの?

という疑問を解決します。

読書というのはとても大事です。
それこそ人生を変えるくらい大事なんです。

でも読書の大事さを理解できないとせっかくの読書から得られる恩恵を受けられずに人生損します。
それこそお金や健康や恋愛も含めた人間関係までありとあらゆる部分で大損します。

そんなのって絶対嫌じゃないですか?

僕は30代になってから読書の大事さに気づいたので「もっと早く読み始めてればよかった」と後悔しています。
ですが読者さんにはそんな後悔はさせたくないんですよね。

そこで今回は読書がいかに大事なのかを僕の経験も含めてご紹介していきます。

今回の記事を読めば「自分も読まなきゃ」と思えるようになるはずです。

ぜひ読書の大事さを理解してこれからの人生にお役立てください。

この記事の信頼性
僕は読書の大事さを理解してから人生が変わりました。読書に出会っていなかったら当ブログで200本以上の記事を書くことも無かったからです。

【後悔】読書の大事さに気づいた【もっと早く読んでればよかった】

【後悔】読書の大事さに気づいた【もっと早く読んでればよかった】

読書ってめちゃめちゃ大事なのにそれに気づいている人が少ないです。

現に現代人の読書量はかなり減っています。
実際に文化庁が調査した1ヶ月に本を何冊読むのか調査した結果は以下の通りになっています。

  • 読まない:47.3%
  • 1~2冊:37.6%
  • 3~4冊: 8.6%
  • 5~6冊:3.2%
  • 7冊以上:3.2%
月に本を何冊読むかの割合

文化庁:国語に関する世論調査一覧

これを見ると読書をしている人ってめっちゃ少なくないですか?

本を読まない人が約半分もいるという事は読書の大事さを理解していない人が多いという事です。

でもそんな読書のメリットって本当はたくさんあります。

お金持ちになれたり信頼を獲得できたり健康になったりと様々です。

※詳しくはコチラの【決定版】読書から得られるものって何?何の為に読書すべきか徹底解説という記事を参考にどうぞ。

とはいえなぜ良いメリットを手に入れられるのでしょうか?
読書が大事な理由は以下の通りです。

  • 質の良い情報が手に入る。
  • 深い知識が手に入る。
  • 人生が変わる。

読書は質の良い情報が手軽に格安で手に入る

今は本屋さんが何軒もあるように読書ができる事が当たり前になっています。
ですが当たり前になっているからこそ読書の大事さに気づいていない人が多いように思います。

昔は印刷の技術がそこまで発達していなかったので質の良い情報を得る為には専門家のもとへ出向いて話を聞かなければなりませんでした。

車なども当然ありませんから話を聞く為には何日もかけて遠い所へ歩いて行かなければいけなかったり
専門家の人に時間を割いて貰ったりしなければいけません。

最悪もしかしたら会ってくれないかもしれないかもしれません。

それでも昔の人は質の良い情報を得て学ぼうと何日もかけて歩いて情報を手に入れていたんです。

ですが今の時代は印刷技術が発達し本がたくさんあります。
そんな昔の人が苦労して手に入れていた情報が今では近所の本屋さんに行けばカンタンに手に入ります。

しかも電子書籍というツールを使えば家に出る事無くその場で情報を手に入れる事ができるんですよね。

これだけお手軽になってしまうと読書の大事さって感じられなくなってしまうかもしれません。

でも改めて考えて見ましょう。
読書すれば過去や現在問わず様々な偉人や専門家の持っている知識や経験や情報を家にいながらしかも格安で手に入れる事ができるんです。

これほどすごいツールは他には見当たりません。
本がたくさんある時代だからこそ読書の大事さに気づいて欲しいのです。

読書はネットと違って濃い情報を深く知れる

読書はネットと違って濃い情報を深く知れる

今はネットでググればなんでも情報が得られる時代です。
ですから読書なんて時代遅れと言う人の気持ちも分からないではないです。

ですがネットの情報は深くまでは教えてくれません。
イメージで言うと広く浅く的な感じです。

それだけでなく浅い情報で分かったつもりになってしまう危険すらあります。

美味しいショートケーキがあるのに上に乗っかっているイチゴだけ食べてそのケーキの事を全て知ったかのように錯覚してしまうみたいなモンです。

しかもその情報が事実かも分からないです。

ですが読書は1つのテーマに対してより深く濃い情報を得る事ができます。
さらにその分野に関する専門家が執筆していて出版社まで通しているのであればその情報の信頼性は担保されています。

そんな濃く深く正しい情報が知れるという所が読書の魅力であり大事な部分なんです。

そしてそんな読書を何冊も重ねる事で多様な価値観を自分の中に吸収してより深く多様な価値観を学ぶ事ができて人間的に成長していくんです。

1度しかない大事な人生が読書で変わる

しかも読書をすると人生が変わります。

なや美

そんな人生変わるなんて大げさじゃない?

と思うかもしれませんし怪しいセミナーで出そうなフレーズと思うかもしれませんが
でも本当に変わります。

なぜなら読書は過去から現在にかけての偉人の一生や半生を学べるからです。

  • こうしたら成功するよ
  • こんな失敗したからみんなは失敗しないでね
  • こんな簡単な考え方があるよ
  • 挑戦したら人生変わるよ

とこんなに良い情報を丁寧に200ページや300ページも使って教えてくれるツールは他に見当たりません。

例えるなら人生の攻略本みたいなもんですね。

だから読書から学ぶ事って大事なんですよ。

実際に僕は良い変化があった

実際に僕は読書を通して学んだことを発信したいと思ってこのブログを立ち上げました。

そのおかげで読書以外はゲームばかりしていた人生が「読書+ブログを書く」という人生に変わりました。

仕事が忙しい中でブログを書きながら読書する為にはゲームしている暇はありませんから自己コントロール能力も高まりましたし時間の使い方も上手になりました。

それ以外にも読書をきっかけに始めたブログを通して

  • 新しい人脈が増えた
  • 収入が上がった
  • 時間の無駄遣いが無くなった

などの色々な変化が起きたんです。

※詳しくは毎日読書して実感した8つの効果|驚きの結果になった件という記事で解説してます。

これって人生変わってませんか?

ですからあなたも読書をできるだけ早く始めて実際に行動してみましょう。
そうすれば人生変わりますよ。

早く始めたほうがお得な理由はコチラで解説してます。

関連記事 20代の若者が読書すべきたった1つの理由【オススメ本も紹介】

結論|読書は人生を変える程大事です

結論|読書は人生を変える程大事です

読書は過去や現在問わず全世界の偉大な先輩たちの知識や知恵や経験を格安で手に入れる事ができます。

しかもネットで検索するよりも深くそして正確に情報を知る事ができます。

その結果自分の人生が変わるんですよね。

ですから読書ってすごく大事です。
大事という言葉では語れないほど大事です。

ですから普段読書をしない人でもまずは本を開いてみましょう。

何でもいいので読書してみよう|本を開くことが大事

とはいえ読書が苦手って言う人もいますよね?
そんな人はマンガでもOKです。

そこから小説も読んで見ようかなと興味が広がれば御の字です。

大事なのは本を開くという行為です。
ぜひ1日1回5分だけでも本を開く時間を作りましょう。

読書習慣を作りたい人はぐうたら人間が読書習慣を作った7つの方法【1日5分からでOK】の記事が参考になります。

オススメ記事 『Kindle Unlimited』の感想&口コミ|年間200冊の読書家が解説

オススメ記事 【無料体験しよう】オーディオブック大手2社の徹底比較

以上
【後悔】読書の大事さに気づいた【もっと早く読んでればよかった】
でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です