コスパ最強|読書したい人の本の定額制サブスク8選【オススメ】

【コスパ最強】読書したい人の為の本のサブスク8選【オススメ】

  • 安くてお得な本の定額制のサブスクって無いかな?
  • 出費を気にせずにたくさん読書を楽しみたいな。
  • 本選びで失敗したくないから安心して読書できる定額制の読み放題のサブスクって無いかな?

こんな疑問や悩みを解決します。

今の時代は本の定額制のサービスが非常に多くて結局どのサービスに入ったらいいの?って思っちゃいます。
ヘタなサブスクに入って大損したり失敗するのも嫌ですもんね。

でも実は安くてお得に読書できる本の定額制サブスクはたくさんあります。
元が取れるどころかそれ以上の価値を提供してくれるサブスクもあります。

そこで今回はお得に読書できるオススメの本の定額制サブスクをご紹介していきます。
この記事を読めば失敗せずに良いサービスを選ぶ事が出来るのでぜひ参考にして下さいね。

この記事の信頼性
この記事を書いている僕は今回ご紹介する本の定額制サブスクを利用して読書を重ねることでブログ記事を200本以上書くなど多くの情報を発信しています。
ですので本のサブスクに関する情報にはかなり詳しいと自負しています。

たった1冊分の値段で何冊でも読めちゃう読書のサブスク【Kindle Unlimited】

Kindle Unlimitedは読書が好きなら必須のサブスク

読書をたくさん楽しみたい人にオススメの本の定額制サブスクはAmazonが提供する読み放題サービス『Kindle Unlimited』です。

なぜ 『Kindle Unlimited』 がオススメなのかというとこんなメリットがあるからです。

Kindle Unlimitedのメリット

Kindle Unlimitedのメリット
・月額980円で読み放題という鬼のコスパ(新品の本1冊以下)なので書籍代を即回収可能。
・およそ12万冊という業界ナンバーワンの豊富なラインナップが読み放題。
・ジャンルも豊富なので色々な本をお手軽に楽しめる。
・最初の30日間は完全無料で安心。

安いので速攻で書籍代を即回収できるだけでなく、30日間は無料でたくさんの本を試せるので失敗して損することがなく安心ですね。

ちなみに僕はKindle Unlimitedでかなりの節約をしました。

こんな感じでKindle Unlimitedを利用し始めてから最低でも月に4,020円は浮きましたね。

Kindle Unlimitedのデメリット

とはいえやはりKindle Unlimitedにもデメリットはあります。

Kindle Unlimitedのデメリット
・読みたいと思っていたタイトルが急に読み放題サービスの対象外になっていることがある。
・シリーズ物は最初の数巻だけ読み放題で後は対象外だったりする。

これはちょっと悲しいですよね。
でもメリットが大きいのでそこは致し方なしです。

他の類似している読書のサブスクとの比較

他の類似している読書の定額制サブスクとして『auブックパス』という読み放題サービスがあります。
比べて見るとこんな感じ。

冊数月額料金
Kindle Unlimited12万冊980円
auブックパス4万冊618円

こうしてみるとKindle Unlimitedの方がお高いですがラインナップ数は3倍と圧倒的に多いです。

次に実際の利用者の評価としてApp Storeのレビューを見てみましょう。

Kindle Unlimitedレビュー2
こうしてみるとKindle(Unlimited)の方が利用者の満足度は高いですね。

(※KindleアプリでKindle Unlimitedを使う事ができます。)

料金だけ見ると『auブックパス』がお得ですが読みたい本が無ければ意味が無いですよね。

なのでコスパラインナップの豊富さや実際の利用者の評判を見てもKindle Unlimitedを選んだ方が良さそうです。

僕はブックパスよりKindle Unlimitedを選びました。

お得なキャンペーン情報

Kindle Unlimitedは今だけ30日間無料で試す事ができるのでとりあえず登録しておいても損はないです。

ラーメン1杯分で読み放題になりますし気に入らなかったら30日以内に退会すれば料金は一切かからないので安心して使えます。

もちろん30日以内に退会しても違約金や退会手数料などは一切ありません

Amazonが『タダで読んじゃっていいよー』と言っているのでお言葉に甘えちゃいましょう。

Kindle Unlimitedについてもっと詳しく知りたい方は『Kindle Unlimited』の感想&口コミ|年間200冊の読書家が解説という記事がオススメです。

『kindleUnlimited』の感想&口コミ|年間200冊の読書家が解説『Kindle Unlimited』の感想&口コミ|年間200冊の読書家が解説

詳しい本のラインナップはご自身で公式サイトを確認してみて下さいね。

本の定額制サブスク『Kindle Unlimited』まとめ
  • いつでもどこでも12万冊が読み放題で読書が捗る
  • 類似サービスに比べるとちょっと高いが、圧倒的ボリュームで読みたい本が見つかる
  • 知識をたくさん吸収し成長すれば収入アップできるので月額費くらいは即回収可能

\今なら12万冊が30日無料で読み放題!/

※30日以内に退会すれば「0円」です。

今大人気の『耳で聴く読書』オーディオブックの定額制サブスク厳選2社

今大人気のオーディオブックサービス2社
  • 読書はずっと読んでいるとと疲れるな。
  • 活字は苦手かも。
  • 家事や移動中も本を読書を楽しみたいな。

という人は『耳で聴く読書』オーディオブックの定額制サブスクがオススメです。

オーディオブックとはプロの朗読家による本の音声が聴けるサービスです。

投資の神様として世界的に有名なウォーレンバフェット氏や読書家で有名なメンタリストDaiGo氏も耳で聴く読書をよく活用しているそうです。

本の定額制サブスク『オーディオブック』のメリット

本の定額制サービスであるオーディオブックのメリットはこんな感じ。

オーディオブックのメリット
  • 移動中や家事の間、散歩中でも本が聴ける。
  • 暗い所でも目をつぶっていても読書が楽しめる。
  • 活字を読むのがシンドイ人でも苦なく読書が可能。

まとめると何をしていても縛られる事無く文字すらも読む必要もなく読書ができちゃうという事ですね。

実際に僕はオーディオブックをスマホで聴くようになってから大幅に読書時間が増えました。

忙しくて本が1時間しか読めなくてもオーディオブック導入後から一気に3時間まで増えました。

1時間しか読書時間が取れなかったのに一気に3時間まで伸ばせたので単純に読書効率が3倍になったんですよね。

自分の中では割と必需品レベルです。

実質audiobook.jpかAudibleの2択

オーディオブックのサブスクを配信しているサービスはいくつかあるのですがラインナップや質からいってもほぼ『audiobook.jp(オーディオブック)』か『Audible』の2択です。

それぞれのサービス内容はこんな感じ。

Audibleaudiobook.jp
聴き放題プラン
運営会社 Amazon 株式会社
オトバンク
月額料金 1500円 750円
ラインナップ 約10,000冊
(日本語)
約10,000冊
(日本語)
購入冊数 月1冊+α 聴き放題
返品&交換可能
退会後 聴ける 聴けない
独自コンテンツAudible
Station
ポットキャスト

※audiobook.jpには月額会員プランというものがありますがこれはサブスクではないので省いています。

Audibleを選んだ方が良い人はこんな人

ラインナップ数はだいたい同じですが良著の数はAudibleの方が多く感じますし買い切りなので退会した後も聴けるのが魅力です。

ですのでAudibleの方を選んだ方が良い人は

  • 多少高くても良著を大事に何度も聴きたい人。
  • 退会した後も本が聴きたい人。

こんな人は『 Audible 』にピッタリですね。

オススメ記事 オーディブル(Audible)の評判&お得な使い方を徹底解説

オーディブル(Audible)の評判&お得な使い方を徹底解説オーディブル(Audible)の評判&感想|お得な使い方まで徹底解説

audiobook.jpを選んだ方が良い人はこんな人

逆にaudiobook.jpに向いている人は

  • とにかく安く済ませたい人。(月額750円で聴き放題)
  • 多くの本や様々なジャンルをたくさん聴きたい人。(10,000冊のラインナップ)

こんな人は『audiobook.jp(オーディオブック) 』にピッタリです。

とはいえ聴きたい本があるかどうかは公式サイトを見ないと分からないので実際にご自身の目と耳で確かめてみる方が良いです。

今なら両サービスとも30日間無料で体験ができますので安心して利用できます。

オススメ記事 audiobook.jp(オーディオブック)の評判とメリット・デメリットを解説

本の定額制サブスク『オーディオブック』まとめ
  • 移動中、家事中、暗い中、など色んな場面で読書をする事ができてインプット効率が何倍にもなる
  • 活字や本を読むのが苦手でもインプット可能
  • 知識を効率よく吸収し、仕事の成果が上がり収入アップにも繋がるので月額費は成長した未来で即回収可能。
audiobook.jp(オーディオブック)の評判とメリット・デメリットを解説audiobook.jp(オーディオブック)の評判とメリット・デメリットを解説

もっとaudiobook.jpとAudibleについて比較しながら詳しく知りたい方はコチラが参考になります。
オススメ記事 【無料体験しよう】オーディオブック大手2社の徹底比較

【無料体験しよう】オーディオブック大手2社の徹底比較【無料体験しよう】オーディオブック大手2社の徹底比較

『flier(フライヤー) 』話題のビジネス書が10分で理解できる本の要約サービスの定額制サブスク

『flier(フライヤー) 』話題のビジネス書が10分で理解できる本の要約サービスのサブスク

なや美

ビジネス書や自己啓発本を読んで勉強したいけど活字が苦手だし本を読む時間も無いよ。

という人はおよそ4000冊ものビジネス書や自己啓発本がどれでも1冊10分で理解できる本を要約してくれているサイト『flier(フライヤー) 』という定額制サブスクがオススメです。

『flier(フライヤー) 』のメリット

『flier(フライヤー)』のメリットはこんな感じ。

flierのメリット
・1冊2~3時間かけて読んでいる人でも10分で大まかな内容を理解できて時短になる。
・月額2000円で4000冊もの要約が読み放題なのでコスパがかなり良い。
・ちょっとしたスキマ時間にニュースサイトを見る感覚で1冊の内容が理解できちゃう。
・実際にビジネス書を購入する際の参考にもなる。
・音声学習も可能。

まとめると、時間が無くても活字が苦手でもたった10分でビジネス書の要点を理解できちゃうという事ですね。

読書初心者であればビジネス書を1冊読み終えるのにかかる時間って大体2時間くらいかと思います。

仮に1冊2時間かかっていた人が3冊読んで6時間かかったとすると『flier(フライヤー) 』を導入するだけで5時間半も時短することができます。

flier導入後の読書時間

flier導入後の読書時間

1冊の本を10分で理解できるように要約してくれているのでかなりの時短になる事が分かりますね。

もっと知りたいと思えばその本を買ってしまえば良い訳なので選書ツールとしても使えますね。

『flier(フライヤー)』のデメリット

とはいえflierにもデメリットはありますね。

flierのデメリット
・10分程度で読めるので尺的に1冊の本の内容を細かい所まですべて理解するのは難しい。
・ラインナップに無い本もある。(毎日1冊ずつ追加中)

これはサービスの仕様上致し方なしです。

とはいえデメリットを上回る大きなメリットがあるのでビジネス書系の読書が好きな方は割と必須の定額制サブスクです。

『flier(フライヤー) 』はこんな人にオススメ

『flier(フライヤー)』はこんな人にオススメです。

本の定額制サービス『flier』がオススメな人
  • 時間がないけどビジネス書を読んで勉強がしたい。
  • 活字が苦手だけど分かりやすい要約や音声学習で話題のビジネス書の内容を効率よく押さえておきたい。
  • ビジネスマンとしてレベルアップして仕事の成果だったり収入を上げたい。

こんな人はぜひ活用していきましょう。

現在コチラの『flier(フライヤー)』の失敗しない登録方法【無料クーポンあり】という記事でflier(フライヤー)の30日無料クーポンのGET法や注意点を解説しているので参考すると損しないです。

『flier(フライヤー)』の失敗しない登録方法【無料クーポンあり】

30日間ビジネス書の要約が読み放題でしかも気に入らなかった場合は無料期間中であれば退会しても料金は一切かからないのでとりあえず試しておいて損はないです。

ビジネス書の美味しい所だけ抽出して理解できて時短もできて、しかも無料期間もあるので例えるならお寿司屋で大トロを頼んで好きなだけ食べてから「やっぱいらない」と思ったらお金払わないで良いみたいな感じです。

無料期間内だけでも本気で知識を取り込んで仕事に活かせば成果に結びつき、収入も上がるので絶対に損することはないですね。

>>もっと詳しくメリットについて知りたい人はビジネス本の要約サイトflier(フライヤー)が凄すぎる|誰でも即読書家へ

>>評判や口コミが知りたい人はflier(フライヤー)の評判&口コミ|入った方が良い人ってどんな人?

という記事が参考になります。

ビジネス本の要約サイトflier(フライヤー)が凄すぎる【コスパ最強】本の要約サイトflier(フライヤー)が凄すぎる|誰でも即読書家へflier(フライヤー)の評判&口コミflier(フライヤー)の評判&口コミ|入った方が良い人ってどんな人?

\30日間1400冊のビジネス書の要約見放題!!/

いつでも退会OK!!違約金ナシ!!

shelff(シェルフ)|本は紙が良いという人にオススメの定額制サブスク

shelff(シェルフ)|本は紙派の人はコレ

電子書籍のKindle Unlimitedもオーディオブックもいいけどやっぱり読書は紙の本が一番いいよなぁ。
と思う人はshelff(シェルフ)という本の定額制サブスクがオススメです。

読みたい本を登録しておくだけで家に届く

shelff(シェルフ)は月額2,500円で自分が読みたいなぁと思った本を登録しておけば毎月3冊ずつ定額で本を届けてくれる、頒布会型のサブスクです。

返品は必要ないのでそのまま自分の本になるのがいいですね。

とはいえ新品ではないので中古本でもいいよという人のみ推奨です。

値段設定が微妙

個人的な印象ですが正直なところ月額2,500円という価格設定で中古本が3冊自動的に届くというのは魅力ではありますがもうちょっと頑張って欲しいといった所。

月2,500円という事は中古本が1冊あたり800円ちょいという事ですからちょっと高いですかね・・・。

紙の本が好きな人はこの定額制サブスク1択

とはいえ紙の本を扱っている定額制サブスクの中でははshelf1択ですね。

shelfはいらなくなった本を引き取って貰えてその冊数に応じて値引きしてくれるので本が家に溜まってしまう人にとってはありがたいサービスです。

読書が好きで中古屋さんにしょっちゅう買いに行ったり売りに行ったりしている人にオススメのサブスクですね。

【ブック放題】は雑誌やマンガ好きにとって最高の本の定額制サブスク

読書だけでなくマンガや雑誌も楽しみたいよ。
と言う人は『ブック放題』という本の定額制サブスクがオススメです。

ブック放題の特徴

  • 350誌以上の雑誌(発売日から即配信)
  • 30,000冊以上のマンガを全巻読み放題(連載中は除く)
  • 100冊以上の『るるぶ』も読み放題で47都道府県と各名所を完全網羅。

これらが月額500円で読み放題という雑誌やマンガや旅行好きにとってはめっちゃお得な定額制サブスクです。

旅行が好きな人にとっては『るるぶ』が読み放題なのはありがたいですよね。

ブック放題のメリット・デメリット

ブック放題のデメリット
・雑誌のすべてのページが読める訳ではない。
・スマホだと見にくい。

というデメリットはあるものの

ブック放題のメリット
・雑誌やマンガの種類が豊富。
・家族の誰かが登録すればシェアすることが可能。
・雑誌のバックナンバーも読み放題。
・ダウンロードすればネットに繋がなくても読める(通信量の節約)

などデメリットを感じさせないメリットを得られるのが魅力ですね。

雑誌やマンガ好きなら30日は無料で見放題なのでとりあえずどんなラインナップがあるのか見ておきましょう。

さらに詳しくブック放題について知りたい人はブック放題の料金と他社比較\漫画や雑誌好きは要チェック/という記事を参考にして下さい。

ブック放題の料金と他社比較\漫画や雑誌好きは要チェック/ブック放題の料金と他社比較\漫画や雑誌好きは要チェック/

\30日間雑誌350誌漫画30000冊見放題!!/

いつでも退会OK!!

日本最大級のマンガ本のサブスク【コミックシーモア】

コミックシーモアはマンガ本のサブスク

コミックシーモア』は運営10年以上の実績を誇っており安心のNTTが提供している日本最大級のマンガの定額制サブスクストアです。

コミックシーモアの特徴

コミックシーモアの特徴としてはこんな感じです。

  • 月額1,580円で多彩なジャンルが57,000冊も読み放題。(業界最高峰)
  • 月額780円のライトな読み放題プランも22,000冊以上の品揃え。
  • 支払方法が多彩で便利。(クレジットカード、キャリア決済)
  • 7日はお試しとして無料で読み放題を体験できる。

多彩で豊富なジャンルのマンガがたくさん読めるのにプランや支払い方法の自由度が高くクレジットカードを持っていなくても利用できるのが親切で使いやすいですよね。

コミックシーモア』はお試し期間もあるのでもし気に入らなかったら退会しても一切損が無いので安心して利用できる定額制サブスクです。

コミックシーモアのメリット・デメリット

コミックシーモアのデメリット
・やや高めの値段設定(それでも安いですが)
・一部単品購入でないと読めないマンガがある。
・無料お試し期間が短い。

といったデメリットがありますが

コミックシーモアのメリット
・NTTが運営していて安心。
・豊富で充実したマンガのラインナップ。
・スマホで読めるのでいつどこでも気軽に読める。
・支払方法が多彩なのでクレカがなくてもOK。

といったメリットがあるのでデメリットはあまり気にならないですね。

もっと詳しく知りたい方はコミックシーモアの口コミと評価をまとめてみた【マンガ読み放題】という記事を参考にして下さい。

コミックシーモアの口コミと評価をまとめてみた【マンガ読み放題】コミックシーモアの口コミと評価をまとめてみた【マンガ読み放題】

とりあえずお試しで登録をしてみて7日間の無料の間にたくさん読み込んでみると良いかもしれません。

\7日間話題の漫画が『0円』読み放題!!/

いつでも退会OK!!

雑誌のサブスクなら楽天マガジンでOK

雑誌のサブスクなら楽天マガジンでOK

楽天マガジン 』とはたった月額380円で人気の雑誌が450誌以上も読み放題という雑誌好きにはたまらない本の定額制サブスクになっています。

雑誌は写真等が多いせいかダウンロードするのに30秒~1分程時間がかかってしまったり雑誌の特性上スマホだと読みにくかったりするのは難点ではあります。

しかし楽天マガジンは雑誌のサブスクの中で一番取り扱いの冊数が多くそのジャンルもニュース、ビジネス、スポーツ、ファッションなど多彩です。

なのでこのサブスクに登録しておくだけで流行りはバッチリ抑えられますね。

楽天ユーザーなら楽天スーパーポイントが溜まるのでプチ嬉しいというオマケ付。

コンビニでお茶とパンを買うのとそこまで変わらない値段で450誌以上も読み放題なら雑誌を定期的に購入している人は試してみるといいかもです。

31日間は無料お試し期間として0円で試す事ができるので安心して利用できるかと思います。
もちろんその間に退会すれば料金は一切かからないので安心です。

楽天マガジンの実際の利用者からの評判や口コミは雑誌読み放題サービス『楽天マガジン』の評判や口コミを紹介という記事を参考にして下さいね。

雑誌読み放題サービス『楽天マガジン』の評判や口コミを紹介

\31日間450誌以上の雑誌が『0円』で読み放題!!/

いつでも退会OK!!

本の定額制サブスクをまとめて比較してみた

今回ご紹介した本の定額制サブスクをまとめて比較してみました。

本の定額制サブスクまとめ一覧

ジャンル月額料金無料期間
Kindle Unlimited書籍
漫画
雑誌
980円30日
オーディブル書籍(音声)1500円最初の1冊
audiobook.jp
書籍(音声)750円30日
flier(フライヤー)書籍(音声もあり)2000円30日
shelf書籍2500円
ブック放題漫画
雑誌
500円1ヶ月
コミックシーモア漫画1580円7日
楽天マガジン
雑誌380円31日

あなたにピッタリの本の定額制サブスクはコレ

目的や種類、読書スタイル別に本の定額制サブスクをまとめました。
あなたにピッタリのサービスを選びましょう。

良著を読み放題でたくさん楽しみたい

サービス内容
Kindle Unlimited12万冊の書籍が何冊でも読み放題
flier(フライヤー)1400冊以上のビジネス書の要約が読み放題

音声読書や時短読書をしたい

サービス内容
audiobook.jp(オーディオブック)
本の朗読が聴き放題
オーディブル本の朗読配信サービス
flier(フライヤー)1400冊以上のビジネス書の要約の音声配信

雑誌も漫画も楽しみたい

サービス内容
ブック放題雑誌350誌、漫画30000冊以上が読み放題
コミックシーモア漫画57000冊以上が読み放題
楽天マガジン
雑誌450誌が読み放題

好みの読書スタイルに合わせて好きな本の定額制サブスクを試してみよう

好みの読書スタイルに合わせて好きな本のサブスクを試してみよう

本のサブスクと一言で言ってもビジネス書や自己啓発本や小説などを楽しみたい人もいれば耳で聴く読書を楽しみたい人もいれば紙の本にこだわりを持っていたり雑誌やマンガが好きな人もいるかと思います。

それぞれに合ったサブスクを試してみてご自身のお気に入りのサービスを楽しんでください。

オススメ記事 【無料体験しよう】オーディオブック大手2社の徹底比較

オススメ記事 『Kindle Unlimited』の感想&口コミ|年間200冊の読書家が解説

オススメ記事 ビジネス本の要約サイトflier(フライヤー)が凄すぎる【コスパ最強】

オススメ記事 ブック放題の料金と他社比較\漫画や雑誌好きは要チェック/

オススメ記事 コミックシーモアの口コミと評価をまとめてみた【マンガ読み放題】

オススメ記事 雑誌読み放題サービス『楽天マガジン』の評判や口コミを紹介

以上
【コスパ最強】読書したい人の為の本のサブスク8選【オススメ】
でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です