【事実】成功者が読書をしている3つの理由【収入2倍を目指す思考】

【事実】成功者が読書をしている3つの理由【収入2倍を目指す思考】

あなたはこんな不満や悩みってないですか?

  • お金持ちになりたいけど収入は増えないし貯金も溜まらない。
  • 現実を変えたくて成功者になりたいけど何をしたらいいのか分からない。
  • 朝起きて会社に行くのが苦痛すぎて胃が痛い。早く解放されたい。

こんな風に思っていませんか?
成功者になることができたらこんな不満や悩みは消えてなくなります。

とはいえどうやったら成功者になれるんだろうと思いませんか?
結論から先に言ってしまうとそれは『読書』です。

読書をすれば成功者になる事ができます。

なや美

え?でもさ、なんで読書すると成功者になれるの?

って思いますよね?

そこで今回の記事では

  • 成功者が読書をしている理由
  • すでに成功している人はどのくらい読書をしているのか?
  • 読書初心者が実際に収入をアップさせるための読書法

について解説していきます。

この記事を最後まで読めばなぜ成功者が読書をしているのかが分かります。
そうすれば自分の実生活や仕事にも生かす事ができるようになります。

ぜひ本記事を参考に読書の大事さについて学んでいってください。

成功者が読書をしている3つの理由

成功者が読書をしている3つの理由

成功者が読書をしているのには理由があります。
というよりも読書をしているから成功者になれたといってもいいかもしれません。

これはデータによって裏付けられています。

やや古い統計データですが2009年に日経新聞に掲載された調査によると

年収400万円~800万円の間にいる中間層の人はひと月に購入する本の費用が2,557円
400万円未満の低賃金層の人は1,914円という結果が出ています。

一方で年収800万円以上の人はひと月に購入する本の費用が平均2,910円ということですので収入が多い人の方が収入の低い人よりも読書をしているという事がわかります。

また、実際にアメリカのビジネスコンサルタントの権威であるブライアン・トレーシー氏も

知識を広げるカギは読書だ。読書家が必ずしも指導者とは限らないだろうが、指導者はみな読書家である。どのくらい読めばいいのか?調査によると、もっとも高給取りのアメリカ人は、一日に平均2、3時間読んでいる。最低賃金の人たちは、まったく読まない。

「夢のリスト」で思い通りの未来を作る

と自身の著書で言っています。

つまり『読書をしている人=収入が上がって成功者になれる』ということが言えるんです。

成功者の家にはたいてい大きな本棚があり、貧しい人の家にはたいてい大きなテレビがある。
と揶揄しているほどです。

とはいえなぜ成功者は読書をしているのでしょうか?
その理由が分かると読書しているからこそ成功者になることができた訳が理解できます。

自分の専門分野の知識を増やすため

成功者になる為には物知りでないといけないのはなんとなくわかりますよね。
ではどうやってそんな知識を得ているのかと言うとそれは読書です。

知識をたくさん取り入れてさらにまた新しい知識を取り込んでいく。
これを繰り返す事でその分野で誰にも負けない専門的な知識を積み上げて行っているんですね。

つまり知識というものは成功者になる為の『最強の武器』と言っても過言ではありません。

受験マンガで大人気のドラゴン桜という作品にこんなセリフがあります。

「知るか」「知らないか」たったこれだけの違いで、有利か不利かの差がでるんだ。つまり「知らない」ということは、実に恐ろしいことなんだ。逆に「知る」ということ・・・その知識や情報は、幸せをもたらす強力な武器だということだ。

ドラゴン桜

成功者は日々読書を重ねて強力な武器を磨き上げているんですね。
これが成功者が成功者たるゆえんです。

成功者は読書で思考力を高めている

もうひとつ成功者たちは読書をする事で最強の武器である知識を蓄える以外にも思考力も高めています。

なぜかというと読書をすることで内容を自分の中でかみ砕いて理解しようとすることで集中して読む事になります。

その集中力が発揮されるとどんどんと思考力が高まっていき読書で得た物が自分の物となっていくからです。

成功者と言うとテキパキ話せる人が多いイメージですよね?
それは読書を通して何度も思考を繰り返しているからこそできる事です。

成功者たちは読書を通して思考の量と質を何度も何度も養う事でそれを専門領域で生かしているんですよ。

好奇心を追求する為

また、成功者は読書をすることで好奇心を無限に広げていきます。
1つの好奇心が次の興味を広げてくれるイメージです。

成功者は1つの好奇心から10個の『なぜ?』が生まれます。
そして10個の『なぜ?』から100個の『なぜ?』が生まれてくるんです。

このように次から次へと『なぜ?』が生まれる事で知識という武器が手に入りさらに思考力を高める事でその武器が磨かれていくんですね。

つまり『好奇心』から読書をすることで『知識』が生まれそれを考える事によって『思考力』が養われ、考えているうちにまた『好奇心』が湧いてくる。
これをぐるぐると回しているんです。

成功者たちのこのサイクルの真ん中にあるのが『読書』ということなんです。

実際に成功者はどれくらい読書をしているのか?

実際に成功者はどれくらい読書をしているのか?

ではそんな成功者たちって実際にはどのくらい読書しているのでしょうか?
気になりますよね。

そこで数人の成功者の方を例に挙げてみていきましょう。

投資の神様ウォーレン・バフェット

投資の神様と言われているウォーレン・バフェット氏はインタビューにて
「1日の80%は読書をしている」
と答えています。

その量は1日500ページから1000ページとの事です。

なや美

いやいや、どうせ暇だからそんなに読めるんでしょ。

って思いますよね?(めっちゃ失礼)
500ページって一般のビジネス書換算で2~3冊分ですからね。

ですがウォーレン・バフェット氏は多忙な中でも凄まじい読書量を実践しているんです。

その方法とはどんなに忙しくても6時間は読書時間を確保しているそうです。
また、移動中もオーディオブックを活用して耳で本を聴く徹底ぶりです。

読書の重要性を理解し、時間を無理やりにでも作る事でえげつない読書量を達成し成功者になったんですね。

オススメ記事 【無料体験しよう】オーディオブック大手2社の徹底比較

「知識は複利のように積み上がっていく。誰でもできる事だが多くの人はやらない」
という名言も残しています。

出典:Financial Post

ソフトバンクグループ孫正義

ソフトバンクグループの創設者で読書家としても有名な孫正義氏は大学時代の読書量がなんと3年間で190冊との事。

その後会社を設立してから3年半も入院していたのですが入院中も読書量は衰えず3年半で4000冊も読んでいたそうです。

孫正義氏のすごい知識欲や好奇心が今のソフトバンクグループを作り上げたかと思うと自分も読書して成功者になろうって思えますよね。

スペースX社イーロン・マスク

スペースX社のイーロン・マスク氏はなんと9歳で1日10時間も読書をしていたとの事。
内容はSF小説が中心だったそうです。

イーロン・マスク少年の夢が今の宇宙開発に生きているんですね。

もしこの世にSF小説が無かったら今の宇宙開発はここまで進んでいなかったかもしれません。

そう考えると読書の力や本の力ってすごいですよね。

参考:著名な成功者8人が強調する「読書のパワー」

どうやったら読書初心者が成功者と同じように本が読めるようになるのか?

どうやったら読書初心者が成功者と同じように本が読めるようになるのか?

なや美

読書しないと成功者になれないっていうのは分かったけどさ
普段から読書する習慣が無い人ってどーすればいいの?

って思いますよね?

そんな人はまず読書を習慣化することを目指しましょう。
ここで読書を習慣化するコツをご紹介します。

僕も今回ご紹介する方法で読書習慣を身に付けてこのブログも200記事を超える記事を書くことができたんですよ。

1日5分だけでいいので毎日読書しよう

読書を習慣化するために一番必要なのは『毎日やる事』です。

なや美

ええ?毎日やれって言われてもそれが出来ないから困ってるんじゃん。

という声が聞こえてきそうですが
別に1時間も読めと言いたい訳ではありません。

まずは1日5分から始めましょう。

1日のスケジュールを確認してたった5分を見つけるだけです。
これなら誰でも出来ると思いませんか?

5分でも読書をすることでそれがやがて習慣になってきます。
そうすれば勝手に10分、20分、1時間と読めるようになってきます。

さらに詳しくはぐうたら人間が読書習慣を作った7つの方法【1日5分からでOK】で解説しています。

電車の中やカフェを利用する

電車の中やカフェの中はある程度リラックス出来つつも公的な場所なので程よい緊張感もあるという読書にとって実は最適な場所です。

電車に毎日乗るのであればその時間をごっそり読書時間にしてしまえばそれだけで読書時間が確保できて習慣も身に付きます。

皆が電車の中でスマホゲームをしているのを横目に自分は読書をして差を付けちゃいましょう。

失敗せずに低コストでたくさん読書する方法

とはいえ本を持ち運ぶのも重いしめんどくさいし、もしダメな本を買ってしまってお金が無駄になったりするのも嫌だな。

と言う人はKindle Unlimitedという電子書籍の読み放題アプリがオススメです。

最初の30日間は無料にも関わらずそれ以降も月額980円で読書し放題なのでコスパが最強です。

読書の練習にもなるので無料期間だけでも体験すると自分のレベルアップに繋がるかと思います。

関連記事 【スマホ読書】電子書籍で本を読むメリットとは【徹底比較】

関連記事 『Kindle Unlimited』の感想&口コミ|年間200冊の読書家が解説

成功者への道はまず一歩から|今日から読書をしよう

今回の記事は読書をしてウォーレン・バフェット氏やイーロン・マスク氏の様な世界長者番付にもランクインするような成功者になれと言っている訳ではありません。

少しでも自分の年収をアップさせたり自由な時間を手に入れる為に読書をしてみましょう。

そうすれば今の不満がたくさんある現実から解放されて成功者になる事だってできるはずです。

成功者への道はまず一歩からです。
まずは今日から読書を始めましょう。

こちらの読書カテゴリーも読書に関していろいろ学ぶことができますので様々な悩みのお役に立つかと思います。

以上
【事実】成功者が読書をしている3つの理由【収入2倍を目指す思考】
でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です