いじめの苦しみから抜け出す3つの方法と自信を取り戻す為にすべき方法

あなたはいじめで苦しんで悩んでいませんか?
自信すら無くしてしまって

  • つらい
  • 自分なんか嫌だ
  • 死にたい
  • 生きてる意味ない

なんて思い詰めてる人もいるかもしれません。

でもこのままだとさらに自信をなくしてあなたは潰れてしまいます。
そんな事になるのは絶対に避けなくてはいけません。

ですが大丈夫です。
あなたは必ず自信を取り戻していじめから抜け出す事が出来ます。

なぜならあなたはこの記事を探し出している時点でもうすでに1歩進んでいるんですから必ずいじめから抜け出す事ができるはずです。

今回の記事では

  • いじめから抜け出す方法
  • 心理学的に証明されている自信を取り戻す方法

についてご紹介していきます。

この記事を読めばいじめられている今までの自分から抜け出し
さらに自信を取り戻してのびのびと生活が出来るようになる思考法を勉強する事が出来ます。

ぜひ最後まで読んでいじめから抜け出して自信を取り戻してください。

なや美

いじめから抜け出す事は出来るの?
うん、抜け出せるよ。
だから落ち込まずにまずこの記事を読んでみてね。

よしあき

いじめの苦しみから抜け出す方法

まずはいじめから抜け出す具体的な方法についてご紹介していきます。

自分の環境を変えてみよう。

自分の周りの環境を変えてみる事でいじめが無くなるケースがあります。

同じクラスや会社の人からいじめを受けている場合
思い切ってそんな環境をガラッと変えてしまいましょう。

中学生の時はいじめられていたけど高校に上がったらいじめは無くなった
なんてケースも珍しくはありません。

なので環境というのはすごく大事なんです。

社会人の方はコチラも参考に
仕事を辞めたい人必見|理由別に迷っている人が決断する思考法を解説

例えば

  • 先生にお願いしてクラスを変えてもらう様にする。(場合によっては親に相談しましょう)
  • 会社を退職し転職をする。

など自分の居場所を変えてしまうんです。

とはいえ
会社を変えて転職するのはまだしも
なかなかストレートに親や先生にいじめを打ち明けるのもなかなか勇気のいる事です。

ですが
『絶対に1人では悩まない事』
これがすごく重要です。

1人で悩めば悩む程どんどん底なし沼にハマっていってしまいます。

まずは周りの人に相談をして環境を変えられないかどうか話をしてみましょう。
これがいじめから抜け出す上で重要な方法の1つです。

いじめから抜け出す為に人と接する努力をしてみよう。

いじめから抜け出す為の方法として新しく人と接してみるのも良い方法です。

いじめに合うと人は不安になりがちになり、ますます人と接しなくなってしまいます。

だからこそ新しい人と接する事がいじめから抜け出すポイントになってきます。

とある心理学の実験では

自分に好意的な人と会話をしただけでいじめによる不安が減少したとの報告があります。

さらに
知らない人とLINEやTwitterなどの文字だけのやりとりでも自信喪失から回復するということも分かっています。

なや美

ネット上でも構わないのね!無理にリアルの人と話さなくてもいいのはありがたいわ。

自分に好意的な人であれば誰でもOKです

  • 同じ野球チームが好き
  • 同じゲームをやっている
  • 同じアイドルが好き

など、なんでもいいので

『共通点のある仲間を見つけるという事がいじめによる苦しみから抜け出す近道になります』

これは心理学では代替性といって人間は誰かに拒絶されても他の人でその穴を埋められるという事が分かっています。

ハードル高いなぁと思ってもインターネット上であれば敷居は下がりますし共通点のある仲間も探しやすいと思うので積極的に活用してください。

会話が苦手だなぁーと言う人はコチラ
会話が苦手な人が克服できる簡単3ステップ|難しい会話術は不要です

なや美

共通点のある仲間を見つけるのがいじめの苦しみから抜け出す近道なのね。
そうだよ。ネット上でも構わないからどんどん友達を作った方が早く苦しみから抜け出せるよ。

よしあき

いじめ相談窓口に相談する

上記にて1人で悩まない事が重要と伝えしましたが
親や先生や友人に相談する以外にもいじめ相談窓口に相談するのも1つの方法です。

下のリンクからはお近くの相談窓口の連絡先が一覧になって紹介されています。

いのち支える相談窓口一覧|JSSC – 自殺総合対策推進センター

18歳以下の人は下のリンクからでも相談を受け付けています。

子供(こども)のSOSの相談窓口(そうだんまどぐち):文部科学省

ストップいじめ!ナビ: 子どものいじめに役立つ脱出策

大人の方用のいじめ相談窓口もあります。

大人のいじめ相談室 – 探偵興信所

繰り返しになりますが1人で悩むのは一番やってはいけない事です。
いじめの苦しみから抜け出す為にも勇気を出して相談してみて下さい。

いじめで失った自信を取り戻す為にすべき事

いじめに合うとついつい自信を無くしてしまう事もあると思います。
ですがそんな自分から抜け出す方法というのは存在します。

心理学的な視点からいじめによる自信喪失から抜け出す方法をご紹介します。

自分はダメなやつだという自己否定を否定しよう。

「はぁー自分はダメ人間だなぁー」と思ったらその自己否定を否定して優しい考え方に変えてください。

自己否定を否定することで

  • 心の痛みを和らげる
  • マイナス思考がちだった考えがプラス思考の考え方ができるようになる
  • 自己嫌悪を防ぐことができるようになる

などのメリットがあります。
以下で具体的な方法について説明していきます。

自己否定を否定する方法

紙を用意して自分への批判、ネガティブな考え等を書きます。
複数書いてもOKです。
書いた内容に対して違う可能性を書いてみる。または反論を書いてください。

  • 俺はいじめられるようなどうでもいい人間なんだ・・・→いや、でも俺は〇〇に関する情熱なら誰にも負けないし!
  • 私は魅力ないかも・・・でもこういう可愛いところもあるし
  • 自分は仕事できないかも・・・でもみんなが出来てない読書をがんばっているし

否定的な考えが浮かんだら書いた反論を復唱する。

こうすることで心の痛みを和らげることができ
マイナス思考がちだった考えがプラス思考の考え方ができるようになります。

なや美

もし自己否定し始めてしまったらそれに反対する意見を書いていけばいいのね。
そうだよ。マイナス思考だったものをプラスに変換できるんだ。

よしあき

いじめの苦しみから自信を取り戻す為に自分の長所を書き出して確認しよう。

自信をなくしている人に自信を持ってというのも酷な気がしますがやはり自身を持つことが苦しみから抜け出す近道になります。

どうすれば自信を取り戻せるのかと言うと

自分の長所を思い出す事

これが重要です。

自分の長所を思い出す方法は以下の通りです。

  • 紙に自分の長所を5つ書く。
  • 大事な順だと思う順番に並べる。
  • 上位3つについて以下の事を書く

  • なぜその特徴が大事なのか?
  • その特徴のおかげでどんな良いことがあったか?
  • それは自分にどんな影響を与えているか?

書いたらその紙を眺めてみましょう。

すると意外に自分も捨てたもんじゃないなと思うはずです。
そうすることでだんだんと自信が回復してきます。

自分の長所を思い出す事が自信を取り戻す上でとても大事になってきます。

なや美

自分の長所を書き出してそれについてじっくり考えて見るのね。
うん。自分の長所でどんな良い事があったのか?自分にとってその長所はどんな影響を与えているのか?なぜその長所が大事なのか?を考えて眺めてみてね。

よしあき

ちなみに自分の長所が分からない人はコチラの記事が参考になります。

自分の強みや長所を見つけて才能を開花させるたった1つの方法

自分の才能や資質を見つける方法をご紹介しています。

いじめの苦しみから抜け出す3つの方法と自信を取り戻す為にすべき解決法|まとめ

ここまでいじめの苦しみから抜け出す方法といじめによって失った自信を取り戻す方法についてご紹介してきました。

この記事で最もお伝えしたかったことは
あなたは絶対にいじめから抜け出す事が出来る
という事です。

その方法として

  • 自分の環境を変えてみよう。
  • 人と接する努力をしてみよう。
  • いじめ相談窓口に相談してみよう。

という事についてお伝えしました。

また失った自信も取り戻す事が出来ます。

  • 自分はダメなやつだという自己否定を否定しよう。
  • 自分の長所を書き出して確認しよう。

これらも役に立ってくれます。

皆さんにはいじめから抜け出す力があります。
自信を取り戻す力もあります。

ゆっくりで構いませんからこれらを忘れずにいてください。
あと必要なのはちょっとの勇気です。

▼参考文献▼

今回はこの本を参考に記事を作成しています。
こちらの書籍は悩める人が立ち直れるヒントがたくさん詰まっています。
悩める人の立ち直るきっかけがこの本で掴んで頂けるかと思います。
周りに悩んでいる人がいるのであればぜひ紹介してあげてください。

▼合わせて読みたい記事▼

自分の強みや長所を見つけて才能を開花させるたった1つの方法

【人気セラピスト直伝】頭をぐるぐる回る不安を解消する方法【3選】

つらい仕事はやらなくていい!?働く本当の意味から読み解く新時代の働き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です