会話が苦手な人が克服できる簡単3ステップ|難しい会話術は不要です

皆さんは
「人と会話するのが苦手」
という悩みをお持ちでないですか?

僕は人と話すのがかなり苦手なタイプでして学生の頃は図書室に籠っている様なそんなタイプでした。

  • 話しかけたらどう思われるのか不安
  • 不快な気持ちにさせたらどうしよう・・・。
  • この人は自分の事が嫌いなんじゃないか?
  • 会話が続かなくて気まずくなったらどうしよう・・・。

という様な感じで思っていたのでほとんど友達はいなかったです。

しかしこんな僕でも今では一応人並みくらいには話せるようになりました。
話していると楽しいと言ってくれる人も最近現れてくれました。

実は人と会話する際に大事なものとは
「なんとか会話術」
とか
「話し方が上手くなる〇〇の法則」

みたいな小難しい理屈はいらないんです。

もちろんあった方が良い事は良いのですが
カレーライスにコロッケが乗ってたらうれしいよね
くらいの事だと思ってください。

大事なのは他にあります。

このまま会話が苦手のまま過ごしたら大事なチャンスも逃すかもしれませんし
仕事も上手く行きませんし
恋愛も上手にできないかもしれません。

そんなのは嫌ですよね?

今回は難しい理屈抜きで
簡単にできる
会話が苦手な人が克服できる簡単3ステップ

をご紹介したいと思います。

なや美

へー。会話が苦手だったんだ。どうやって出来るようになったの?
それを今回は説明していくよ!

よしあき

会話が苦手な人が克服できる簡単3ステップ|難しい会話術は不要です

簡単に出来る3ステップとは何なのでしょう。
それはこちらです。

  • 徹底的にリラックスする
  • 親近感を感じて貰って相手に信頼されやすい状態を作る
  • プラスの感情を頭の中にイメージさせて相手にもプラスのイメージを思わせる

え?なんか難しそう・・・。
と思うかもしれませんがやる事は単純です。
順を追って説明していきます。

ステップ①会話が苦手な人が克服できる方法|徹底的にリラックスする

まず最初に

『自分をリラックスさせます』

なぜリラックスが大事なのかと言うと

もし自分が緊張してしまっていたらそれは必ず相手にも伝わってしまいます。

相手に緊張が伝わってしまうと次項で説明する
「信頼されやすい状態を作る」
という事が難しくなってしますし
「なんか話しにくい・・・」
という様に相手に感じられてしまうからです。

皆さんも経験あると思いますが
「なんか今日はここの空気がピリピリしてるな・・・」
みたいに思ったりすることもあると思います。

その様な時って警戒しますよね?

そうならない為にも
『リラックス』
をすればよいのです。

なや美

なるほど。確かに相手が緊張してたりしてたら話にくいものね。でもどうやってリラックスすればいいの?

リラックスする方法はとても簡単です。
『逆腹式呼吸』
という呼吸法を使うとリラックスすることが出来ます。

逆腹式呼吸のやり方です。

  1. ゆっくりと息を吐き出しながら体から力を段々と緩めていきます。(5~8秒くらいかけて)
  2. この時何も意識せず全身の力をできるだけ緩めて下さい。頭のてっぺんから徐々に下に向かって力を抜いて最後はふくらはぎやつま先まで力を抜くといったイメージです。
  3. 吸う時は鼻からゆっくりと吸っていきます。(5~8秒かけて)
  4. これを繰り返します。

こうすることで自分をリラックスさせることが出来て相手に緊張が伝わってしまう事はなくなります。

そして自分がリラックスした為、周囲にもリラックス出来るような雰囲気を出す事が出来ます。
これで会話がしやすい雰囲気を整える事が出来ます。

なや美

最初はリラックスしてその場の雰囲気を会話がしやすいように持っていくのね。
そうだよ、相手から見て不自然にならない様にさりげなくやってね。

よしあき

ステップ②|相手から親近感を持ってもらい信頼されやすい状態を作る

この段階で相手に緊張が伝わっている事はなく
なんとなく話しやすそうだなという空気を作れていると思います。

会話が苦手で克服したい人は
ここから親近感を持ってもらって相手から信頼されやすい状態に持っていきましょう。

方法としてはこれまた単純です。

自分がリラックス出来たら相手の呼吸と合わせます。
相手の呼吸のリズムを察知し同じリズムで呼吸をします。

たったこれだけです。

とはいえ
なぜ相手の呼吸のリズムと合わせるのでしょう。

これは
『ペーシング』
と言われていて

呼吸を合わせる事で相手がリラックスすることが出来てかつ親近感が沸き同調しやすくなっていくのです。

お互いにリラックスした状態と言うのは信頼関係や親近感が沸きやすくなり会話をする土台が出来上がる訳なんです。

要するに
まず自分がリラックスしましょう。
そして相手との呼吸を合わせましょう。
そうすると相手もリラックスすることが出来て親近感や信頼感が湧いてくる。

という事です。

なや美

へー。呼吸を合わせると相手もリラックスしてくれるようになるんだ。
そうだよ。ペーシングは職場、友達、恋愛なんでもで使えるししかも簡単だからお勧めだよ。

よしあき

ステップ③|頭の中でプラスの感情をイメージし相手にプラスのイメージを伝える

最後のステップになります。
ここでは相手に
『この人と話していると楽しい』
と思わせて自然と会話が出来るようになる為のステップです。

方法としてはこれまた簡単です。

自分の頭の中で「楽しい」「嬉しい」といったプラスの感情を思い浮かべましょう。

たったこれだけです。

このプラスの感情を頭に思い浮かべるとどうなるかというと

自分がその感情を維持し続けているとその空間がプラスの雰囲気になっていきます。
不思議な事にそれが相手にも伝わり
「この人は居心地が良い」
と思わせる事が出来ます。

「そんな事ってあるの?」
と思うかもしれませんが
皆さんも先ほど上記で説明した様に

職場や学校などで

「理由は分からないけどなんとなくこの場所はピリピリしてて居心地が悪いな」と思ったり
「理由は分からないけど今日は楽しそうな雰囲気だ」

と感じたりする事ってあると思います。

それを自分から意図的に作り出してしまばいい訳です。
これが
自分の頭の中で「楽しい」「嬉しい」といったプラスの感情を思い浮かべる
という事をする理由になります。

なや美

確かに良くわからないけど空気感って敏感に察知できちゃうよね。
そうなんだよね。だからその空気感を自分から出しちゃえばいいんだ。一度楽しい空気感を出しちゃえばあとは会話はなんでも成立するよ。

よしあき

会話が苦手な人が克服できる簡単3ステップ|難しい会話術は不要です|まとめ

会話が苦手な人が克服できる簡単3ステップ|まとめ

ステップ①
徹底的にリラックスする。
逆腹式呼吸でリラックスしましょう。
自分がリラックスすると周囲にもリラックス出来るような雰囲気を出す事が出来ます。
これで会話がしやすい雰囲気を整える事が出来ます。
ステップ②
親近感を持ってもらい相手から信頼されやすくする
  自分がリラックス出来たら今度は相手の呼吸と合わせます。
相手の呼吸のリズムを察知し同じリズムで呼吸をします。
そうすると相手もリラックスすることが出来て親近感や信頼感が湧いてきます。
ステップ③
頭の中でプラスのイメージを思い浮かべよう。
自分の頭の中で「楽しい」や「嬉しい」といったプラスのイメージを考えながら会話をしてみましょう。
そうすることでそれが相手にも伝わり
この人は居心地が良い人だと思わせる事が出来ます。
 

最後に一言

一番大事なのはとにかくこれらの事を意識してどんどん話しかけて見る事です。

昔の自分はコミュニケーションが苦手で
『自分は絶対に人と話せない』
という自己評価を持っていました。

ですが今考えるとその自己評価はただ単に

『自分の天井や限界を勝手に設定してしまっていただけ』

だったのかもしれません。

自分は会話するのが下手という
「思い込み」
に縛られていたのかもしれません。

今では「得意です!!」と自信を持って言える程ではないですがおそらく普通程度には会話が出来るようになっています。
最近は話してて楽しいですと言ってもらえる事も出てきました。

大事なのは「自分は人と話せない」という思い込みを捨てる事と
ほんのちょっとの勇気です。

ぜひ今日から今回の事を意識して少しづつ会話が出来るようになっていってください。

以上
会話が苦手な人が克服できる簡単3ステップ|難しい会話術は不要です
でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です