【脱・失敗】本の選び方5つのコツ|読書初心者必見

【読書初心者は必見】本の選び方5つのコツ【もう失敗しない】

あなたは読書に関してこんな悩みや疑問ってないですか?

  • 自分に合った本をどうやって見つければいいのか分からない。
  • もし買った本がハズレで失敗しちゃったらどうしよう。
  • 本の選び方のコツってあるのかな?

と思っていませんか?

やっぱり自分の身銭を切って本を買う訳ですからできるだけ失敗したくないですよね。

僕は年間およそ200冊以上は本を読むのですがその中にはダメ本を掴まされたり難しすぎて良く分からなかった本を買ってしまうなど失敗を数々としてきました。

ですが色々な失敗を重ねてきたからこそ良い本の選び方だったり見極め方も養えたのも事実です。

そこで今回は僕が失敗から学んだ

  • 読書初心者でも失敗しない本の選び方
  • 実際に良い本を選び出す方法

について解説していきます。

この記事を読めば本の選び方をマスターできるようになり失敗しない達人になることができます。
ぜひ最後までご覧くださいね。

【読書初心者必見】本の選び方5つのコツ【もう失敗しない】

【読書初心者必見】本の選び方5つのコツ【もう失敗しない】

最初に失敗しない本の正しい選び方を5つご紹介していきます。
本を買う前に以下のポイントをしっかりと抑えて読書を楽しみましょう。

  • 簡単な本を選ぶ。
  • 興味のある本を選ぶ。
  • 『教養系』よりも『体験系』の本を選ぶ。
  • 身近なテーマの本を選ぶ。
  • 評判の良い本を選ぶ。

以下で詳しく解説していきます。

簡単な本を選ぼう

まず正しい本の選び方の第一として簡単な本を選ぶことをオススメします。

よく読書初心者の人にありがちなのが

なや美

よし!私は今日から難しい本をたくさん読んでいっぱい勉強するんだ!

と意気込むパターンです。

難しい本を読んで勉強を頑張るという意気込みは素晴らしいのですがだいたいは難しすぎて第1章か第2章で挫折するというのがオチです。

僕もこの失敗を経験していますから気持ちは良く分かります。
ですがほぼほぼ続かないのでまずは簡単な基礎の本から読んだ方が良いんです。

簡単な本とは具体的には

  • 難しい言葉や専門用語等がなくて簡単な表現で分かりやすく書かれている本。
  • 図表や絵が多い本。
  • 重要な部分が太字になっていたりマーカーが引いてある本。

こんな感じの本をおススメします。

実は図表や絵なども交えて簡単で分かりやすく表現することは作者や編集者の腕の見せ所だったりします。

ですから難しい事を簡単で分かりやすく解説されている本は良著の可能性が高いんです。

挫折の原因や本嫌いにならない為にも、まずは簡単な本から選んで挑戦するという方法は非常にオススメです。

自分の興味のある分野の本を選ぼう

興味が湧かない本を無理やり読んでも挫折の原因になったりするだけなのでやめましょう。

「ベストセラーだから」「なんとなくタイトルに惹かれて」みたいな理由で本を買っても本当に自分に興味のある話じゃないと読書って続かないんです。

トレンドの本に手を出すのは後からでも全然OKです。

まずは『読書って楽しいんだ』という感覚を掴むためにも自分の興味のあるジャンルの本を中心に本を選びましょう。

『教養系』よりも『体験系』の本を選ぼう

読書において重要な要素として『自分の仕事や生活に生かす』という事が挙げられるかと思います。

自分の仕事や生活に生かしたいのであれば教養系の本よりも体験系の本を選んだ方が圧倒的に有益です。

教養系の本とは実践的な内容と言うよりも理論を中心に書かれている本です。

一方で体験系の本は著者が実際に経験したことを元にアドバイスをしてくれる形の内容だったり科学的根拠を元に再現性のある方法で具体的な解決方法をアドバイスしてくれたりする本の事です。

ですから教養系の本よりも体験系の本を選んだ方が即戦力として役に立ってくれます。

まずは著者の経歴などを見てからその本の内容が体験系の本である事を確認してから買うようにしましょう。

身近なテーマの本を選ぼう

自分にとって身近なテーマであればあるほど人は真剣に本を読む様になります。

自分に関係のない話を聞いていてもなにも興味が湧かないしつまらないですよね?

でも毎日使っている電子レンジが壊れたらそれを直す為に普段気にもしないし見たこともない説明書を真剣に読むと思います。

ですから自分の身近なテーマで自分の悩みや問題を解決するようなテーマの本を選んだ方が興味を持って本を読めるようになります。

例えば

なや美

自分は時間の使い方が下手くそでいつも時間が足りない。
どうしたらいいんだろう?

という悩みや疑問があったら実際にビジネスマンがやっている時短法やタイムマネジメントの本を選べは良い訳です。

最初のうちはこういった『自分事として読める本』を選択するといった選び方がオススメです。

評判の良い本を選ぶ

本選びの方法について慣れていなかったり分からなかったりする内は評判の良い本を選んでみると安心です。

評判の良い本とは

  • ベストセラー本を選ぶ
  • Amazonの口コミ欄の評価&レビューを見て選ぶ
  • 古典を選ぶ
  • 何度も重版されている本を選ぶ

などすると見つかりやすいです。

ベストセラー本はいわずもがな、評判だから売れている訳ですよね。

Amazonの口コミ欄の評価&レビューを見て選ぶのも一目でその本の評判が分かるのでオススメです。

そして実は意外かもしれませんが古典もオススメです。

古典が昔に書かれている本にも関わらず今でも読み継がれているのは
・「内容が素晴らしいから」
・「いつの時代も変わらない不変の事実が書かれているから」

という理由で現代でも読まれている訳です。

中には『人を動かす』や『君たちはどう生きるか』などの何度も重版されていたり映画やマンガ化としてリメイクされているものもあります。

このような選び方をすると失敗はかなり少なくなるはずです。

「本の選び方5つのコツ」を参考に実際に自分で選んでみよう

上記でお伝えした本の選び方の5つのポイントを押さえて実際にご自身で本を選んでみましょう。

本を実際に選ぶ時のポイントは以下の通りです。

  • 本屋のオススメコーナーの本をチェックする。
  • Amazon prime会員に登録して実際に本の評判やレビューや『なか見!検索』をチェックする。
  • 本の要約サイト『flier(フライヤー)』でプロの編集者による要約やレビューをチェックする。

詳しく解説していきます。

書店のオススメコーナーに行こう

実際に書店に行って上記のポイントを押さえた面白そうだなと思った本を選んでみましょう。

書店には入るとオススメコーナーみたいな一角が必ずあるはずです。

その中にある本は良著だったり本屋もおススメしたい本である可能性が高いのでチェックしてみましょう。

Amazonで本を選んでみよう

Amazonで本を選ぶのもオススメです。

Amazonは今でこそ世界的な通販サイトですが元々は本を売るところから始まっています。
ですからAmazonは本関係には非常に力を入れているんです。

さすが大手だけあって商品紹介ページが非常に分かりやすかったり、レビューもたくさん集まりやすいです。

Amazon本選び
Amazon本選び

上の画像の様に★で実際の評判を知れたり『なか見!検索』で最初の数ページは実際に読めるようになっています。

しかも【30日間無料】Amazon prime会員であれば年会費4900円(月額換算408円)

  • 通常だと400円の配送料がかかってしまうところが(北海道・九州・沖縄・離島だと440円)送料無料になる。
  • 通常500円かかる「お急ぎ便」や「日時指定便」が無料になる。
  • 「Kindleオーナーライブラリー」の中から本を毎月1冊選んで無料で読むことができる。
  • おまけにプライムビデオで映画やドラマが見放題。

など本を読みたい人にとっては超お得に利用することが出来ます。

月に一冊本を注文するのであれば送料が無料になる分だけで即効で元が取れる上に嬉しいオマケ付と思ったらめっちゃ嬉しいですよね。

この機会に【30日間無料】Amazon prime会員に登録に入っておいた方が後々後悔せずに済みます。

本の要約サイト『flier(フライヤー)』を確認しちゃうズルい選び方

本の要約サイト『flier(フライヤー)』ではプロの編集者や経営コンサルタントの方たちによる本の要約が見れる神サイトです。

『flier(フライヤー)』は1,300冊にものぼるビジネス書の要約が見れるので購入するか迷った時に参考にすれば自分に合う本か見極める事が出来ます。

もちろん無料でも様々な気になる名著の要約やレビューを見る事が出来ます。

読書や本の選び方フライヤー
読書や本の選び方フライヤー

無料で様々な本の良い所だけ見れるなんて忙しいビジネスマンや学生の方にはとても嬉しいサービスですよね。

例えるならマグロの大トロをタダで食べれるみたいなもんです。
ちょっとズルい感じもしちゃいますね。

ぜひこちらの本の要約サイト『flier(フライヤー)』も活用して失敗しない本選びのお役に立てて下さい。

正しい本の選び方をして読書ライフを楽しもう

いかがだったでしょうか?
ぜひ今回の記事を参考に正しい本の選び方をして読書ライフを楽しんでください。

おさらいしておくと本を正しく選ぶ方法としては

  • 簡単な本を選ぶ。
  • 興味のある本を選ぶ。
  • 『教養系』よりも『体験系』の本を選ぶ。
  • 身近なテーマの本を選ぶ。
  • 評判の良い本を選ぶ。

これらを意識しましょう。

そして本を実際に買う時は

  • 本屋のオススメコーナーの本をチェックする。
  • 【30日間無料】Amazon prime会員に登録して実際に本の評判やレビューや『なか見!検索』をチェックする。
  • 本の要約サイト『flier(フライヤー)』でプロの編集者による要約やレビューをチェックする。

これらを実践すれば「本選びで失敗した」「自分に合った本が見つからない」といった悩みは消え去ります。

正しい本の選び方を実践して楽しい読書を楽しんでくださいね。

オススメ記事 【無料期間あり】おすすめのオーディオブックサービス【厳選2社】

オススメ記事 『Kindle Unlimited』の感想&口コミ|年間200冊の読書家が解説

以上
【読書初心者は必見】本の選び方5つのコツ【もう失敗しない】
した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です