読書するのにおすすめの場所って?|快適に読めるスポット11選

読書するのに最高の場所って?|快適に読めるオススメスポット12選

あなたは読書するときの場所についてこんな悩みや疑問って無いですか?

  • 自分の家だと読書にあんまり集中できない。
  • 読書を快適に読める場所ってないのかな?
  • たまには気分転換に違う場所で読書を楽しみたいけど、どこがいいかな?

こんな風に思ってませんか?

今回の記事はそんな読書の場所に関する悩みや疑問に関してお答えします。

本記事を読めば

  • 読書が快適にできる場所が分かる。
  • 自宅を読書するための最高の場所にする方法が分かる。

などの知識が手に入ります。

この記事を読み終わったときには読書を楽しむ場所に関してとても詳しくなっていますよ。
ぜひ最後まで読んでくださいね。

読書するのに最高の場所はコチラ|街へ出て本を楽しもう

読書するのに最高の場所はコチラ|街へ出て本を楽しもう

街の中には読書をするのにとっておきの場所がいくつもあります。
ですから家での読書が飽きてしまったり何らかの事情で本が読めない時は本を持って外へ出てみましょう。

実は外で読書する事の大きなメリットがあります。

ハーバード大学の心理学者F.H.オールポート氏の研究によると

「そばに誰かがいるとその作業の効率が高まる現象がある」

という事を発見しています。
これを観客効果といいます。

つまり他者がいるカフェや図書館などへ行けば観客効果によって読書がはかどるということです。

そんな嬉しい効果を発揮できる場所は以下の通りです。

図書館は読書の大定番

図書館に関しては説明不要ですよね。

周りの人も本を読みに来ているので自然と読書のモチベーションも上がります。

改めて考えると無料で何万冊もの本が読めるなんてすごすぎませんか?
しかも何時間滞在しても誰にも迷惑が掛かりません。

読んでいる本に飽きたらすぐに違う本に変えられたり読みたい本を検索できるのも図書館の強みです。

デメリットとしては

  • 静かすぎて空気感が馴染めない人もいる。
  • 椅子が硬かったりなど座り心地が悪かったりする。
  • 移動する手間がある。
  • 休館日や閉館時間がある。

などが挙げられますが

やはり図書館は読書するための場所として作られていますから
大定番といっても過言ではないですね。

カフェで香りやBGMに癒されながら読む

カフェでコーヒーの香りやBGMに癒されながら読む。
甘いスイーツを食べながら至福のひと時。

想像しただけでも最高です。

数百円で1~2時間くらいは滞在できますのでちょっとした気分転換や一人の時間を楽しみたい人にオススメです。

安いとはいえお金を払って場所を提供してもらっているので「せっかくのお金を払っているのだからちゃんと読まなきゃ」といった心理が働くのも本に集中できる理由かもしれません。

デメリットとしては混んでいる時は長時間滞在できないといった事が挙げられますが
3か所くらいお気に入りのカフェをチェックしておけば大丈夫です。

また、場所によってはブックカフェという場所もあります。
文字通り本を読むためのカフェですから快適な読書タイムを過ごす事ができます。

お店ごとに内装や雰囲気などが違っているので自分のお気に入りのブックカフェを探してみるのも楽しいですよ。

本屋で立ち読みする

本屋で立ち読みすれば無料で読めます。
とはいえ長時間の立ち読みはマナー違反ですから気を付けましょう。

速読ができればまた別かもしれませんがあくまでも本選びのための読書として活用しましょう。

関連記事 【必ず覚える】速読のやり方を身に着けよう|準備で8割決まります

関連記事 【読書初心者は必見】本の選び方5つのコツ【もう失敗しない】

本屋併設のカフェは購入前の本でも持ち込める所がある

とはいえ最近は本屋に併設しているカフェでコーヒーを楽しみながら購入前の本が読めるところもあります。

そういった環境が近くにあれば堂々と本が楽しめますね。
お近くにこの様なスポットが無いか探して見てはいかがでしょうか。

ブックホテルを利用する

最近はブックホテルと言う場所もあるんです。

ホテルという文字通りそのまま泊まる事ができます。

自分の読みたい本を選んでそのままゴロゴロと読書し眠くなったら寝る。
こんな本好きにとって最高の場所があるんですね。

もしどこかに宿泊する予定がある人はブックホテルも候補に入れてみてはいかがでしょうか?

自然に囲まれての読書もオススメ|お気に入りの場所をみつけよう。

自然に囲まれての読書もオススメ|お気に入りの場所をみつけよう。

季節にもよりますが自然に囲まれた読書もまた格別です。
お気に入りの場所を見つけて読書を楽しんでみましょう。

河川敷で川のせせらぎを聞きながら読書

日の光を浴びながら緑の絨毯で水のせせらぎを聞いて読書する。

こんな読書最高じゃないですか?

時間がゆっくりと過ぎていく感じをぜひ味わってみて下さい。

防寒グッズや虫よけスプレーなど季節の必需品も忘れずに。

公園でゆっくりとした時間を楽しむ

公園での読書も河川敷と一緒でゆっくりとした至福の時間を楽しめます。

暑すぎない、寒すぎない、風が強すぎない、雨が降っていない、などの天候に左右されるのはネックではありますが
緑の多い公園のベンチに腰掛けて読書をすれば日頃の嫌な事も忘れてリフレッシュができますよ。

実は散歩しながらでも読書できる

いつでもどこでも場所を選ばずに手ぶらで読書を楽しみたいなと思ったことはありませんか?

実は耳で聞く読書と言われるスマホアプリ『オーディオブック』を活用すれば散歩をしながらでも読書を楽しむことが出来ます。

実際にオーディオブックの利用者は年々増え続けています。

実際に僕もこのオーディオブックを散歩やジョギング中に活用していますが
オーディオブックが無いと耳が寂しくて恋しくなる位です。

日頃の退屈な散歩が

  • 公園や河川敷をゆっくり歩きながら本の朗読を楽しむ。
  • 犬の散歩をしながらお気に入りの本を聞く。
  • ジョギングしながら情報をインプット。

などいつもの運動時間がさらにグレードアップします。

オーディオブックがここまで人気な理由はプロの朗読家による聞き取りやすい読み上げとオーディオブックサービスの値段設定などのお得感が多くの人に支持されているからです。

今なら下記のオーディオブックサービスが無料で30日間試せるのでこのキャンペーンが終わらない内に試してみてはいかがでしょうか?

【とりあえず登録すべき】30日間無料で名作が聞けるオススメ神アプリ

気に入らなかったら30日の間に退会して貰えれば料金は一切かかりませんので安心です。

関連記事 【30日間無料】プロの朗読が聞けるオススメアプリ|小説&話題書など

スキマ時間で上手に読書が出来る場所

スキマ時間を上手に使う事で読書量を増やす事ができるようになります。
以下のスキマ時間を有効に使える場所は以下の通りです。

電車の中やホームでの待ち時間

電車の中やホームでの待ち時間は絶好の読書ポイントです。

せっかく本がゆっくり読めるチャンスなのにスマホでゲームしたりSNSを見たりしていてはもったいないです。

とはいえ混んでいて本が開けなかったりいつでも本を持ち運ばなければいけないのでかさばるといったデメリットもあるのが難点ですよね。

そんな本を持ち運ぶのが嫌な人は『Kindle Unlimited』という電子書籍の読み放題サービスがオススメです。

お試し期間もありますのでとりあえず登録して往年の名作やベストセラー本を30日間無料で体験してみて下さい。

職場の休憩場所

職場での休憩場所も有効に使えます。

1時間の休憩で20分でも本が読めれば1週間で20分×5日で100分もの読書時間が手に入ります。

それを継続していけば数年後には大きな差となって表れてきたりします。

僕も実践中のオススメの方法です。

車の中や徒歩などの移動時間も読書できる

車の中や徒歩での移動時間も実は読書チャンスだったりします。

オーディオブックを活用すれば何気ない移動の時間も読書の時間に早変わりします。

【とりあえず登録すべき】30日間無料で名作が聞けるオススメ神アプリ

読書は実は場所を選ばすに手軽にできる時代になっているんですね。
読書好きとしては最高の時代です。

読書する1番のオススメの場所は自宅|最強の理由

読書するオススメの場所は自宅|最強の理由

ここまで様々な読書にオススメの場所に関してご紹介してきましたが
正直な所自宅で読書が最強です。

その理由について解説します。

なぜ読書の場所は自宅がオススメなのか?家で本を読むメリット

自宅を読書をする場所にした方が良い理由は以下の通りです。

  • 移動時間がないのですぐに読書できる
  • お金が一切掛からず経済的
  • 人目も時間も気にせずにいつでも読書ができる
  • 毎日家で読書する事で習慣化しやすい

といったメリットがあるからです。

自宅以外だとついつい出費が増えてしまったり周りに気を使ったり移動時間が無駄になったりと不都合な事が起きてしまいますからね。

とはいえ自宅読書のデメリットも存在します。

自宅読書のデメリット

  • 誘惑がたくさんあるので読書に集中できない。
  • 同じ環境だと飽きる。

といったデメリットがあるのも事実です。

こんな理由があるからこそ他に読書するオススメの場所がないかな?と探したくなる気持ちも分かります。

とはいえそんなデメリットを打ち消して自宅を快適な読書空間に変える方法があります。

自宅を快適な読書空間にする方法

以下の方法で自分の家を快適な読書ができる場所に変えてしまいましょう。

自分だけの書斎を作る

自分だけの書斎を作ってしまいましょう。

誘惑になったり気が散る物を一切省いて読書するだけの部屋を作れば誘惑に負けたり気が散る事もなくなります。

家族が読書の邪魔だと思うのであれば「今から読書するから書斎にこもってるね」と一言でも言っておけばOKです。

部屋が無いのであれば寝室を書斎化してもいいかと思います。

TVやゲームなどは排除しベッドと机と本しかないといった部屋を作りましょう。

これが読書をするための最高の場所作りです。

詳しくはコチラでも解説しています。

関連記事 【気になりませんか?】読書が継続できる環境作りのコツ

アロマを活用する。

また、癒し効果があったり集中力が上がるアロマを使うのもオススメです。

アロマって実は良い香りがするだけのものではありません。
その効果は今や医療の現場でも使われているほど心と体に直接作用してくれる優れものなんです。

具体的に集中力が上がるアロマとしては『ペパーミント』や『オレンジスイート』などがオススメです。
女性は『ラベンダー』や『ローズマリー』の香りを嗅ぐと癒し効果だけでなく女子力アップも期待できます。

詳しくはコチラで解説しています。
関連記事 勉強中にオススメのアロマ8選|記憶力や集中力UPができる即戦力

座り心地の良い椅子を用意する

座り心地の良い椅子を用意すればさらに読書にとって快適な場所を作る事ができます。

ぶらんぶらんと揺れるロッキングチェアなど用意すると優雅な時間を過ごせますよ。

カフェミュージックなどのBGMを流す

カフェミュージックやクラシック音楽などもかけてみるのもオススメです。

ただし日本語歌詞のある曲は読書の邪魔になるだけなのでやめましょう。

自分だけの読書空間でカフェミュージックを流し、癒しのアロマの香りが漂う中で快適な読書を楽しむなんて最高ですよね。

まとめ|読書するのにおすすめの最高の場所って?

まとめ|読書するのに最高の場所って?

結論は読書をするための最強の場所は自宅です。
自分の自宅を読書するための最高の場所に変えてみましょう。

ただ、ずっと自宅での読書するのは息が詰まるし嫌だなぁと思った方は今回ご紹介した読書にオススメな場所に出かけてみましょう。

そうすればよりいっそう読書を楽しめるかと思います。

また読書にはいろいろな楽しみ方があります。

紙の本だけでなく『Kindle Unlimited』やオーディオブックなど楽しみ方がたくさんあります。

ぜひ自分なりの読み方や場所を見つけて読書ライフを楽しんでください。

【とりあえず登録すべき】30日間無料で名作が聞けるオススメ神アプリ

以上
読書するのに最高の場所って?|快適に読めるオススメスポット11選
でした。

オススメ記事 【無料期間あり】おすすめのオーディオブックサービス【厳選2社】

オススメ記事 『Kindle Unlimited』の感想&口コミ|年間200冊の読書家が解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です