ゲームや課金をやめられない理由と元廃ゲーマーの私がやめた方法3選

さて皆さん1日にどのくらいゲームをしていますか?

ゲームにどのくらい課金をしていますか?

ゲーム依存症という病気もあるくらいですから
「やめたい」
「やり過ぎはいけない」
とわかっているのにやめられないという人も中にはいるのではないでしょうか?

しかし長時間やっていると金銭面や生活の様々な所に支障が出て来てしまいます。
ゲームが悪とは言いませんがやはりやり過ぎには気を付けなければいけません。

世界保健機関(WHO)が
「ゲーム障害 」
として新たに依存症が国際疾病分類として正式に採択されるというニュースが入ってきました。(2019/05/21追記)

実は僕は引きこもりだった時期があります。
当時夕方にのそのそと起きて来ると

大型MMORPG
と言う一つの世界をユーザーみんなで共有するゲームをしていました。

他のユーザーと協力して敵を倒したり
自分のキャラクターを強く育てるのを競ったり
ギルドというユーザーが集まった組織を強くしようとしたりと
生活のすべてをそこにつぎ込んでいました。

そして朝になったら寝るような生活をしていましたね。
親にも相当迷惑をかけました(ゴメンナサイ涙)

関連記事|【自己紹介記事】ド底辺&ひきこもりが社会人読書家ブロガーになった話

当時ゲームにのめり込みながらも
「早くこの状態から脱出したい!」
と思っていましたが結局抜け出すにはゲームを始めてから2~3年も経った後でした。

その為ゲームをやめられない人の気持ちは良くわかっているつもりです。
某CMのように本当に

『やめられない止まらない』
なんです!

やめられないのはハマってしまった本人が悪いのももちろんあるとは思いますが
実はその様なゲームは

『抜け出せなくなる様に設計されている』
のです。

僕の経験からゲーム依存症でやめたいけどやめられない人やその家族の方の力に少しでもなりたいと思いこのテーマを書こうと思いました。

今回は
・開発者がどのようにしてユーザーを離れさせなくしているのか?
・自分がどうやってゲームをやめたのか?

についてお話したいと思います。

関連記事|悪い習慣なぜやめられない?1日1分から出来るやめたい習慣をやめて良い習慣を手に入れる近道とは?

今回の記事の参考文献
依存症ビジネス――「廃人」製造社会の真実 ダイヤモンド社
依存症について詳しく掘り下げて知りたいという方にお勧めの1冊です。

なや美

ゲーム依存症がついにWHOに採択されて正式に国際疾病分類として登録されるんだね。それほどこのゲーム依存って深刻な事なのね。
そうそう、とても深刻な事なんだ。僕も昔廃人ゲーマーの経験があるけど本当に辞めたいのに辞められなかったんだ。今回は僕がどうやって辞めたかもお話していくよ。

よしあき

ゲームのシステムがユーザーの脳を支配してる事実

すばり、人がゲームにハマってしまう理由は

開発者がゲームから離れられなくさせる
『キュー』
を色々な所に仕込んでいるからなのです。

どういう事かというとユーザーを様々な手法を使って「楽しい!!」と思わせるんです。
そうするとドーパミンという快楽を得られる脳内物質が分泌され、その結果ゲームにのめりこむ様になってしまいます。

ゲームをやめるとドーパミンの量が減ってきます。
そうすると脳がドーパミンを欲しがりその結果繰り返しゲームをするようになってしまうのです。

まさにギャンブル依存症やアルコール依存症や麻薬中毒者と同じ仕組みなんです。

ではそのゲームから離れさせなくし楽しいと思わせる『キュー』とは具体的にどのような設計なのでしょうか?

「定期的」に「すぐ」に報酬が得られる

ゲームユーザーは何かを達成すると高揚感が手に入ります。

例えば敵を倒してレベルアップすると気持ちの良い効果音と共に自分の大事なキャラクターが強くなっていきます。

他にも敵を倒すとたまにレアで強力なアイテムが手に入ったりします。

この定期的に訪れるちょっとした高揚感や達成感がユーザーを離れさせなくしているんです。

様々な課題やクエストをクリアしていくと
「自分の行動が大きな結果を生み出す感覚」
が手に入ります。

現実の自分は冴えないし何もできないけど
ゲームの世界の自分はすごいんだ!
という感覚です。

そしてゲームを続けたいと思わせる報酬や励ましが

  • 「定期的」
  • 「制限なく」
  • 「すぐに」

出てきます。

現実世界では勉強したりダイエットしても結果が表れるのは数日から数か月後になりますよね?

でもゲームでは敵を倒したりクエストをクリアするとすぐ報酬や成果が手に入って自分のキャラクターが強くなっていきます。

人間の性質上すぐに報酬や結果を求める傾向があるのでその様な面でゲームはうってつけな訳です。

その報酬も手に入りにくいものであればあるほど人によっては現実での物の価値以上の価値があるものと認識してしまいます。

現実の物よりもゲーム内の剣や防具やお金の方が高い価値になってしまうのです。

これがゲームから離れられなくなる要因の一つです。

なや美

なるほど。[すぐに」「定期的に」「制限なく」報酬が手に入ると人はもっともっとと求めてしまうのね。
そうだよ。現実世界ではそんな事ないからね。でもゲームの世界ではそれはある。ここが最初の入り口なんだ。

よしあき

競争心を煽る設計になっている

ゲームをプレイしていると自分のキャラクターがレベルアップをしていきますが
ユーザーのレベルやハイスコアなどは大抵他のユーザーにも見えるようになっています。

レベルやハイスコアを他のユーザーに見せびらかすのは高レベルユーザーにはとても楽しく誇らしいことです。

そして周りから尊敬される事で
「自分は偉くなったんだ!」
と思うようになってしまうんです。(僕は実際そうでした)

そうするとユーザーはゲーム内の地位や名誉を気にしてよりレベルを上げるために時間を費やすようになります。
また、レベルが他のユーザーにもわかるので競争心を煽られ周りのプレイヤーもこぞって時間を費やすようになってしまうのです。

レベル以外にも希少なアイテムや獲得した称号など競争心を煽る要素は沢山あります

それが極端化すると現実世界がおろそかになり生活の中心がゲームの中になってしまうのです。

まさに過去の自分の通りです。
高レベルユーザーだった僕は偉くなったと勘違いし幻の世界で悦に浸ってたんです。

なや美

なるほど。競争心を煽る設計になってるゲームってそういえば多いかも。
そうなんだよ。昔の僕はゲーム内の地位や名誉が生活の全てだったんだ。これを捨てるなんてできない。まさに泥沼の中だったんだ。

よしあき

課金をしたくなる絶妙な難易度設計

ゲーム開発者は報酬だけではなく障害やストレスも利用します。

ゲームが難しくなりストレスが溜まってもそこに
「課金」
と言う悪魔がそっと顔出してきます。

ゲームは課金をすることで障害を切り抜けやすくなる様設計されており、
その課金システムもできるだけ簡単にできるようになっています。

子供でさえ親のスマホでゲーム内のアイテムを簡単に買ってしまえるくらいです。

またゲーム内課金をすると簡単に手っ取り早く他のプレイヤーと差をつけることができます。

大体のゲームは競争心を煽るように設計されているので簡単に課金出来る事も相まって周りの人が課金をすると「自分も課金しよう!」と思うようになりどんどん深みにはまっていくのです。

ゲームがやめにくいのは
「せっかく数万円も課金したのにやめるのはもったいない!」
という心理も働いているのかもしれません。

なや美

あー。確かにもうちょっとでクリアできそう!とかもっと便利になればいいのに。って思ったら課金したくなる!でもそれって課金を誘う様にゲーム自体が設計されているんだね。

ゲーム内の人間関係に縛られる

ゲームによってはユーザ同士が協力して敵を倒すようなゲームもあります。
その様なゲームをすると仲の良い人同士でゲーム内で待ち合わせをするようになります。

協力しないと敵を倒せなかったりするので
「自分が参加しないと迷惑になる」
「自分はゲーム内で重要な役割を持ってるから」
と思い現実の用事よりゲーム内の用事を優先させるようになります。

そしてだんだんと現実がおろそかになっていきます。

永久に終わらない

これが最も怖いことかもしれません。
中毒性のあるオンラインゲームは基本的に終わりがありません。

終わりがないという事は永遠と遊べてしまうということです。
そして終わりが無いだけならまだしもゲーム自体がアップデートしていくので飽きることがないのです。
本当にこれは恐ろしいです。

なや美

サービス停止しなきゃ確かに永遠と遊べちゃうよね。永遠に遊べるってよく考えると怖すぎ・・・。
そうなんだよね。しかも飽きさせない様にゲーム開発者も工夫してくるからね。でもここから抜け出す方法はあるんだ。僕がゲームをやめた方法を紹介していくよ。

よしあき

ゲーマーだった僕がゲームをやめた方法3選

正直なところゲーム依存症を治す魔法の薬は無いのが現実です。

カウンセリングや入院や合宿等の治療法がありますが、また戻ってしまう確率も高いそうです。
しかし克服できないのかというとそういうわけでもありません必ず抜け出す道はあります。

ゲーム内のアイテムをすべて消した

オンラインゲームあるあるなのですが
「僕はこのゲーム引退します!さようなら!」
と言ってやめる人は大体戻ってくるという法則?があるんです。

なぜ簡単に戻って来るのか考えたところ
「さようなら」と言っただけでは戻ってこない様にするための『拘束力』が全くないんですよね。

ではゲームに復帰出来ない様にするための
『拘束力』
って何かなと考えたときに思いついたのが
自分の持っている剣や防具やゲーム内通貨を無くしてしまう事だと思ったんです。

アイテムが無ければゲームのやり様もありませんからこれがキッカケで僕のオンラインゲーム生活が終わりました。

最初は踏ん切りがつかなかったけどね。でもこれが結構役に立ったと思ってるよ。

よしあき

アカウントごと削除してしまう

アイテムを消すという方法ではなく
持っているデータを丸々全て削除してしまうという方法もあります。

これは勇気が出なくて当時すぐにはやらなかったのですが出来るならすべて削除してしまった方が効果的だと思います。
結局僕は辞めた数か月後にアカウントごと削除しました。

中毒性のないゲームを選んでプレイした

実はその後もゲームはやっていましたが、やるゲームを選ぶようになりました。

中毒性や依存性が高いなと思ったゲームはやらないようにして中毒性の低いと思ったゲームを選んでやっていました。

僕が思う中毒性が低いと思うゲームは
・一人用のゲーム
・オフラインで出来る
・周りとの協力や競争がない
・終わりがある

これなら「クリアしたらおしまい」「飽きたらおしまい」と区切りがつけられます。

中毒性が少ないゲームに移行出来たからこそオンラインゲームから距離を置く事ができ
それによってゲームの中毒性を冷静に俯瞰して見る事ができたからこそやめられたのかなぁと思っています。

なや美

なるほどね。中毒性が低いゲームに乗り換えて徐々にフェードアウトしていったのね。
そうだよ。やっぱり最初はヤクが切れた中毒者みたいにやりたくてやりたくて過呼吸になったこともあったけどゲーム障害を乗り越えられたのはこれのおかげもあったと思うんだ。

よしあき

おかげで今はゲームを全くと言っていいほどやらなくなりました。

ゲーム依存から抜け出せない原因と解決方法まとめ

まとめ

ゲームのシステムが脳を支配している事実

  • 定期的にすぐに報酬が手に入るシステム設計
  • 競争心を煽るシステム
  • 課金をしたくなる絶妙な難易度設計
  • ゲーム内の人間関係に縛られる
  • 永久に終わりがない

ゲーマーだった僕がゲームをやめた方法3選

  • ゲーム内のアイテムを全て消した
  • アカウントごと削除した
  • 中毒性のないゲームに乗り換えた

やっぱりゲームに復帰出来ない拘束力はすごく大事だと考えています

最後に「ゲームをやめたいと思っている人へ」

今まで頑張って育ててきたキャラクターと別れるときってすごく寂しかったと今でも覚えています。
やめたら「心にぽっかり穴が空くんじゃないか?」 って当時思ってました。

でも意外とやめた後は新しい自分になったような感じがしてスッキリした気持ちになりました。
そしてゲームをやめたおかげで読書や心理学やブログという新しい事にも興味が湧いてくるようになったんですよね。

昔はゲームのキャラクターのレベルアップをさせていたかもしれませんが
今は現実世界の自分と言うキャラクターをレベルアップさせて行けるように頑張っています。

あなたも絶対に自分自身をレベルアップさせていく事ができるはずです。

少しでもこの記事がゲーム依存症で苦しんでいる方やその家族の方のお役に立てたら嬉しく思います。

なや美

ゲームをやめたら何かを失うんじゃないかって思ってたのね。
うん。でも辞めたら失うどころか新しい物が手に入ったんだ。最初はやめるなんて怖いと思うけど実はそんなことは無かったんだよ。これを一番伝えたかったんだ。

よしあき

▼合わせて読みたい記事▼

【自己紹介記事】ド底辺&ひきこもりが社会人読書家ブロガーになった話

【スマホ依存症】やめたいのにやめられない理由や原因と改善方法【ネット依存症】

悪い習慣なぜやめられない?1日1分から出来るやめたい習慣をやめて良い習慣を手に入れる近道とは?

▼参考文献▼

依存症ビジネス――「廃人」製造社会の真実

ビジネス的な観点から見た依存症の正体が理解できる本
僕たちは知らず知らずの間に企業の作戦にまんまとハマっていることを気づかせてくれる。
今回ご紹介したゲーム以外にも飲食やドラッグ、SNS、飲酒等色々な角度から掘り下げている良著です。

Twitterでも役立つ情報つぶやいてます!

フォローしてくれたら大喜びします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です