快諾を引き出し好意まで生まれる頼み方のコツの心理学【ベスト3】

あなたは人に頼みごとをするときってどうしてますか?

頼みごとをする時にもしかしたら

  • なんとなく悪い気がして・・・
  • 頼みごとをするのは苦手で・・・

という人は結構多いのではないでしょうか?

「忙しいのに頼んでくるなんて面倒なやつだな」
と思われるかもしれないとか不安になるのもわかります。

ですが頼み方をうまくなるには実はその先入観を捨てる事が大事なんです。

頼みごとをされて嫌がられるとは限りません。

むしろ相手に頼られてる感を与える事ができて
そこから好意や信頼関係ができてきたりするもんなんですよね。

では実際どういう風に頼んだら承諾率がアップし信頼感も獲得できるのでしょうか?

今回は快諾してくれやすくなる頼み方のコツの心理学をご紹介していきたいと思います。

快諾を引き出し好意まで生まれる頼み方のコツの心理学【BEST3】

快諾を引き出し好意まで生まれる頼み方のコツの心理学【BEST3】

実は頼み方にはコツがあります。
普通に頼んでも断られてしまう事って多いです。
ですから心理学の知識を使って承諾率をアップさせましょう。

先に大きい頼み事をしてワザと断られてみる【ドア・イン・ザ・フェイス】

最初に大きなお願いをしてわざと断られましょう。
その後、小さなお願いをすると要求が通りやすくなります。

これはドア・イン・ザ・フェイスという心理効果で強力な方法ゆえビジネスの場面でも良く使われる方法です。

これを使うと普通にお願いされるよりも
『承諾率がなんと3倍にアップ』
することが心理学の実験で証明されています。
少し例を挙げてご紹介します。

【例①】

なや美

よしあき君ごめん。明日の資料まだ出来てないんだけど2時間くらい手伝って貰える?
すいません。今ちょっと忙しくって。

よしあき

なや美

そうだよね。じゃあ30分だけでもお願いできないかな?

ですとか

【例②】

ちょっとーあなたー。ゴロゴロしてないで子供お迎えいってくれるー?
今映画のいい所なんだよー。

旦那

じゃあ、ご飯炊きだけでもお願い。

というように使う事が出来ます。
(ダメ旦那ですね笑)

これは最初に相手に断らせることで罪悪感を生まれさせ
その後に小さなお願いを通しやすくするというものです。

ポイントは最初の大きなお願いを

あわよくば

くらいの現実的なお願いにすることです。

彼氏に10万円のバッグを買ってもらおうとして最初に要求するお願いが100万円のバッグだったらさすがに彼氏も引いてしまいます。

「あわよくば」
くらいを意識しましょう。

この頼み方の心理学はビジネスの世界でも良く使われています。
最初に法外な要求を相手に求めた後に本来の要求を通しに行くという手法です。

これを知っていると便利に使う事ができるだけでなく
相手にも騙されにくくなります。

覚えておくと良い方法の1つですよ。

「YES」を3回貰って本命のお願いをしよう【イエスセット法】

先に大きな頼みごとをするのは少し攻撃的っぽくてちょっと・・・。
と言う人の為に次は自然と「いいよ」と言ってもらう方法をご紹介します。

これは催眠療法の権威であるミルトン・エリクソンが実践でやっていた方法です。
なので効果はお墨付きです。

心理学では『イエスセット法』と呼ばれ
自然と「いいよ」と言わせてしまう魔法の誘導方法です。

イエス・セット法
  • まず相手に「YES」と返ってくる質問を3つ用意します。
  • その質問を会話の中で行い3回「YES」を貰います。
  • すると4回目の質問にも「YES」と言ってくれる確率が上がります。

つまり最初に「YES」と言わせるだけの質問を3回行ってから
4回目に自分が「YES」と言わせたい本命のお願いをするのです。
では今回も例を挙げてご紹介します。

【頼み方の例|デートに誘う】

もう年末だね。今年も早かったね。

よしあき

なや美

そうだね。
そういえばクリスマスってもうすぐだよね。

よしあき

なや美

うん。
そういえば、あそこのイルミネーション綺麗で有名だよね。

よしあき

なや美

そうだよね。あそこのイルミネーションって有名。
じゃあ今度一緒に行こうよ!(本命のお願い)

よしあき

という様に使います。

これが有効な理由としては
人間が持っている
「一度同じ態度を示すとそれに矛盾しない態度を取り続ける」
という「一貫性の法則」という心理を使っています。

ポイントとしては
人によって感じ方が違ったりあいまいな質問をするのではなく

  • 必ず誰がどう聞いても「YES」と言ってくれる質問をする事。
  • さりげなく質問する事 。

が大事です。

好きな人をデートに誘うときはもちろんですが
他にも色んな事に使えると思います。
ぜひお試しください。

先に小さい頼みごとをやってもらおう【フット・インザ・ドア法】

実は小さなお願いを聞いてもらった後に
大きなお願いをすると要求が通りやすくなるんです。

これを心理学では『フット・インザ・ドア法』と言います。

フット・インザ・ドア法
  • まず最初に誰でも簡単に承諾するような小さなお願いを聞いて貰います。
  • その後、本来の通したい要求をお願いすると承諾率がアップします。

これも「一貫性の法則」を利用しています。

相手は「自分は頼みごとを聞く親切な人間だ」
という無意識内にある一貫性を守るために大きなお願いも了承してしまうのです。

ところでこんなセールスに会った事ありませんか?

【頼み方の例|セールス】

これウチの新商品のサンプルなんです。ぜひ使ってください。

セールスマン

なや美

あ、ありがとうございます。(まぁ、無料ならいっか)

~後日~

サンプルをご使用して頂きましてありがとうございます。今ならこんなに安く買えますよ。

セールスマン

このように言われると
「この商品を何回か使っている自分と同じ態度を取り続ける」
という人間の無意識内にある一貫性を守りたがる心理が働きます。

その為、普通にセールスされるよりも買ってしまう確率が上がってしまうんですよね。

これを応用すると日常でも使う事が出来ます。

【頼み方の例|日常編】

ちょっとそこの自販機で缶コーヒーを買ってきて欲しいな。

よしあき

なや美

いいよ、微糖でいいよね?
うん、あとついでにそこのホームセンターでペットのエサも買ってきてくれる?

よしあき

この様に、小さな頼みごとをした後にそれより大きなお願いをすると通りやすくなります。

これも普段から使いやすい頼み方ですのでぜひ自分なりにアレンジして使ってみて下さい。

頼みごとをお願いした方なのに好感度アップしてしまう

頼みごとをお願いした方なのに好感度アップ

ちょっと頼み事についての豆知識を紹介します。
実は助けたり手伝った側の人間は助けた相手の好感度が上がってしまうという事がわかっています。

なぜ頼みごとをしたのに好感度が上がってしまうのか?

なや美

え?お願いした人間がお願いを聞いてくれた人に好感を持つんじゃないの?

と、思った方。
確かにそうなのですが

実は手伝ってもらった側の人間の方が好感度が上がってしまうんです。

なや美

それはなんでなの?

人間は誰しも頼られるのが好きなものです。
頼られれば
「自分はあの人にとって有益な存在だ」
と無意識に思ってしまうんです。

また、人間の脳は不思議なもので
相手の頼みごとを聞いて行った時に脳が勝手に

「自分はあの人の事が好きだから聞いてあげたんだ」

錯覚してしまうんです。

これは
「援助の認知的不協和の実験」
という実験にてアメリカの心理学者ジェッカーとランディが証明しています。

確かに思い出すとちょっとしたお願いを頼まれてそれをしてあげた時こそ相手に好感が持てるような気がします。

おそらく皆さんもそんな経験ないですか?
相手にお願いをするという行為はやり過ぎない程度にやると上手に人間関係が築けるのです。

もちろん恋愛や友人関係、家族との信頼関係を強めるのにもこの
「頼み事」
は使えますよ!

ぜひ生活の中でどんどん頼み事をしていってみて下さいね!
僕からの頼み事です笑

快諾を引き出し好意まで生まれる頼み方のコツの心理学【ベスト3】|まとめ

快諾を引き出し好意まで生まれる頼み方のコツの心理学【ベスト3】|まとめ

ここまで科学で証明された心理学を使った頼み方のコツを紹介してきました。
どれもあなたが日常で使える方法です。
ぜひ試してみて下さいね。

  • 頼み事をお願いするなら大きなお願いを断られてからそれより小さなお願いをすると聞いてもらいやすい。
  • 相手に3回yesと言わせてから本命のお願いをしよう。
  • 小さなお願いを聞いてもらってから大きなお願いをしよう。
  • 頼まれた側は頼んだ側に好感を持つ。上手に頼みごとをして信頼関係を築こう!

▼合わせて読みたい記事▼

職場や学校の面倒な人間関係で疲れるあなたの悩みを解決する5つのポイント

【なぜ与える人は成功するのか?】ギブアンドテイクで成功するトップギバーの5つの特徴とは?

▼参考文献▼

こちら『影響力の武器』は心理学や交渉術等の分野において有名すぎる1冊になります。

営業やセールスなどの仕事をされている人は一度は上司に読めと言われたのではないでしょうか?

こちらの本には科学的根拠ある手法で相手を誘導させる数々の方法が記載されています。

想像してみて下さい。

  • 自分の営業成績がグングン伸びていく様子。
  • 恋愛で相手を上手にデートに誘える自分。
  • なかなか言う事を聞かない子供に言う事を聞いて貰う様子。

この本にはそれを叶える無数の方法が載っています。
そして手法を知っていれば詐欺に引っかかる確率も減っていくはずです。

ぜひこの本で頼み方について勉強してみてはいかがでしょうか?

こちらの本は世界で数々のベストセラーを出している有名なダニエル・ピンク氏が絶賛している書籍です。

こちらの本は人にお願いを聞いて貰う方法はもちろんの事
人が自分の事を助けたくなってしまう方法も紹介されています。

かなりオススメの本です。

Twitterでも役立つ情報つぶやいてます!

よければフォローお願いしますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です