行動力を磨く8つの具体的思考法【誰でもすぐやる人に変われます】

自分ってなんてこんなに行動力が無いんだろうと落ち込む事って無いですか?

  • ついつい明日でいいやと先延ばししてしまう
  • 自分にはまだ早いとやる前から諦めてしまう
  • 失敗するのが怖くて行動できない
  • 分かってはいるけど行動できない

という思考になっていませんか?

気持ちはすごく分かります。
行動力を磨くには勇気が必要です。

そんな簡単に行動出来たら苦労しないですよね?

ですがこのままだといつまで経っても今の自分と変わりません。
1年後も5年後も10年後も今のままです。

そんなのって嫌じゃないですか?

でも大丈夫です。

今回の記事では行動力を磨くための思考法を具体的に8つご紹介します。
この記事を読めば

  • 行動力のある人がどんな思考法で行動力を磨いているのか?
  • 自分は具体的にどうすれば行動できるようになるのか?

について分かります。
あとは行動するだけです。

ぜひ最後まで読んで自分の行動力を磨いてください。

行動力を磨く8つの具体的思考法【誰でもすぐやる人に変われます】

成功している人や結果を出している人は実は行動力がある人です。
逆を言えば行動力を磨くことが出来れば成功者になる事ができるんです。
あなたも行動力を磨くために具体的な思考法を学んでいきましょう。

習慣化をして楽に自分を動かそう

行動力を磨きたいのに楽に自分を動かすってどういう事?
と思うかもしれませんが実は行動力のある人は自分を楽に動かす事が出来ます。

身動きが取れない人は無理に自分を動かそうとしているのに対して

行動力がある人は自分がどうすれば楽に動けるのかを知っているんです。

楽に自分を動かす方法は『習慣化』です。

実は人間の1日の行動の内で習慣に頼っている割合は『40%』にものぼります。
ですから習慣化というのはすごく大事なんです。

習慣化さえすれば毎日同じ時間にご飯を食べたり歯を磨いたりするかの如く
自分が行動すべき事に自然と持っていく事が出来ます。

  • 少しでも良いのでブログを書く
  • 少しでも良いのでダイエットの為に散歩に行く

など、行動力を磨く為にまずは習慣化を目指しましょう。
習慣化さえできれば楽に自分を動かす事が出来ます。

参考記事:なぜ習慣化は少しずつやるべきなのか?人生を大きく変える小さな習慣

なや美

考える暇もなく行動できたら最強よね。
それを助けてくれる秘訣が習慣化なのね。

メモにタスクを書き出して頭の中を整理しよう

頭の中で「あれもやらなきゃ」「これもやらなきゃ」とごちゃごちゃしている状態だと行動力を磨くどころの話ではなくなってしまいます。
行動力を磨いて実際に行動に移すにはメモに自分のやるべき事を書き出して頭の中を整理させておくことが重要です。

行動力のある人は頭の中をスッキリさせ、混乱しない様に脳への負荷を上手に減らしているんです。

この様にすることで行動すべきことにエネルギーを集中させる事が出来るので自然と行動できるようになります。

  • プレゼンの資料も作成しなきゃ
  • ダイエットもしなきゃ
  • 資格の勉強もしなきゃ

など、あれもこれもと考えていると起動しているソフトがたくさんあって処理が重くなるパソコンの様に
自分の行動力も重くなってしまいます。

具体的に感じた事や考えている事、やるべき事を走り書きでも良いのでメモに書き出してみましょう。
そうすることで頭の中がスッキリして1つの事に集中できるようになります。

これも行動力を磨く為に重要なポイントです。

なや美

確かにあれこれ考えちゃって行動できない時ってある。
そういう時は紙に書き出すのが良いんだね。

行動力を磨いている人は自分の力だけに頼る事はしない

行動力を磨いている人って自分の力でなんでも出来そうなイメージってあると思うのですがそれは違います。
行動力がある人こそ自分の力だけでなく他者や身の回りの物を上手に使いこなしています。

行動力の為に周りの使える物は全て使うのが行動力を磨くコツです。

どういう事かと言うと
周りの物を使って仕組化したり強制力を上げたりするんです。

例えばダイエットしたいのであれば

  • ジムに通おうと思ったらジムに通っている友達に誘ってもらう
  • 使わないともったいないくらいの会費を払いウェアを揃えてしまう
  • この時間は絶対ジムに行くと決めて行かなかったら自分へ罰を与える

などの人やお金や時間などの身の回りの要素をフルに使って自分が行動できる様に仕組みを作り上げて同時に自分への強制力も科すのです。

どうしても自分の意思の力だけでは限界があります。
その様な時に身の回りの要素を使う事で自分の行動力を上げて磨くことが出来るんです。

なや美

行動力がある人って自力で頑張っているんだって思ってた。
自分が弱い事を素直に認めて自分をコントロールするように上手に周りを活用していくのが弱い自分を奮い立たせるのに重要なんだね。

すぐ行動できる人は明日にはモチベーションが無くなる事を知っている

行動力のある人は無限にモチベーションが湧いて出てくると思っているかもしれませんがそれは間違いです。
あなたのモチベーションが一過性の物であるように行動力がある人のモチベーションも一過性です。

では何が行動力のある人とそうでない人を分けるのかと言うと

行動力のある人は思い立った『今』がモチベーションが最高潮である事を理解していて行動力の無い人は今のモチベーションが明日もあると思っているのです。

これが行動力のある人と無い人の決定的な違いです。

すぐやる人は今しかできないんだと分かっているからすぐに行動するんですね。

あなたもやりたい事が思いついたときに

  • 明日やればいいや
  • いつでも出来るから
  • そのうちやろう

みたいな思考が頭をよぎったらそれはもうできないと思ってください。
やるのであれば『今すぐ』しか無いんです。

実はすぐ行動に移せる人は行動してから『作業興奮』という心理効果のおかげでさらにモチベーションが上がって行きます。

あなたもなんとなく掃除を始めたら気づいたら1時間経ってたなんて経験あると思います。
これが作業興奮の心理のおかげなんです。

モチベーションが高い『今』のうちに始めてしまう。
これが行動を続けていく重要なポイントになります。

これを心がけ継続していけばあなたの行動力が磨かれていきますよ。

参考記事:モチベーションを上げるより効果的な方法【気まぐれで終わらない為に】

なや美

行動力がある人も人間なんだね。
何も特別なんてことは無い。今やるのかやらないのかだけ。
それだけの違いなんだね。

目標を設定しその道筋も明確にしよう

行動力がある人は目標を明確に設定し、その道筋も明確になっています。

目標を設定し、その道筋も明確であれば行動に迷いが無くなり無駄も生まれにくくなり行動が具体的になるからです。

逆に目標設定が明確でないと自分は何をして良いのか分からずになんとなくで終わってしまいます。

行動力を磨くには自分なりの目標を設定するのが重要なんです。

  • 自分は今何をすべきか?
  • いつまでにこれをやるべきか?
  • どの様にして行うか?

これを明確にしましょう。

ただ行動するだけでは目的地がどこか分からないまま出航する船と同じです。
その様な船はそのうち沈没してしまいます。

行動力を磨くにはまずその目的や道筋をはっきりさせておきましょう。

そうすれば迷うことなく突き進む事が出来るようになります。

なや美

確かに目的地と道筋が分からないと行動のしようがないよね。目標を立てたり筋道を立てるのってすごく重要なんだね。

考える前に行動することが行動力を磨くコツです

ついつい考えてから行動しようと思ってしまいがちですが
実は考える前に行動を起こす事が行動力を磨くコツなんです。

行動しなければいくら考えても本当に考えたことには繋がりません。
実は行動する事によって本当に考えを深める事が出来るんです。

なぜかと言うと
行動することでその行動の結果が返ってきます。
その反応こそがより具体的に考えを深める事に繋がるからです。

例えばサッカーが上手くなりたいのにサッカーの本を読んでどうすればボールを上手く蹴れるかを考えても上手くなりません。
でも実際にボールを蹴ってみて試行錯誤しながらどうすれば上手く蹴れる様になるんだろうと考える事で初めて上手くなれます。

つまり
考えてから行動するのではなく行動してから考える事によって思考がより深まっていきますし上達へも繋がって行くんです。

行動する前に考えるのは足が止まるだけで意味がないのでやめましょう。
行動しながら考える事が行動力を磨くコツです。

なや美

私も考えるだけ考えて結局行動しない時ってある。
行動しながらじゃないと本当の学びは無いんだね。
だから行動する前から考えたって意味ないのね。

失敗を失敗と捉えずに『学び』と捉えよう

行動力のある人は失敗を恐れません。
というより失敗を失敗と捉えずに『学び』と捉えるんです。

逆に身動きが取れない人は失敗するのが怖いので行動できないんです。
行動しなければ失敗もありませんから安心ですよね?
でもそれではいつまで経っても行動力を磨くことは出来ません。

https://twitter.com/haru22312/status/1162672136986644482?s=20

行動力を磨きたい人は失敗を学びと捉えましょう。
失敗しただけ自分が学び、成長できるんだと思うんです。

ビジネスで失敗しても
ダイエットに失敗しても
受験に失敗しても

それは失敗ではなく『学び』です。

行動したら成功か学びしかないんですよ。

こう考えると『失敗』は無くなるので失敗の恐怖に足が止まる事はありません。
これくらい割り切る事が行動力を上げ磨く為の思考としてとても重要になってきます。

なや美

行動したら確かに失敗は付き物だけどそれを笑い飛ばせるようになる日が来るようになるまで行動することが大事なんだね。

結果は気にせず目の前の事のみに集中しよう

行動力を磨き上げている人は行動した結果がどうなるかを心配することなく目の前の事のみに集中しています。

逆に行動できない人は『失敗したらどうしよう』という事で頭がいっぱいで身動きが取れないんです。

https://twitter.com/haru22312/status/1162672957413441537?s=20

『今やる』という事でしか未来を変える事は出来ないんです。
そして未来の結果をいくら心配しても何も変わらないです。
行動力がある人はこれを理解しているんです。

行動したことによる結果は自分ではコントロールできないものです。
それを心配していてはいくら経っても行動を起こす事はできないんです。

  • 今目の前の事にどれだけ集中して取り組めるのかを考える。
  • 結果を良い意味で諦める。

そうすれば失敗を恐れる事無く全力で行動することができます。
今に集中して取り組む事が結果として成果を出す秘訣になります。

どうしても不安を感じてしまって足が止まってしまう人は
『今』に集中して行動するように意識してみて下さい。

なや美

今やる事でしか未来は変えられない。
うん、確かにそうね。結果に怯えて何もしないでいるよりも行動したほうが良い!!

行動力を磨く8つの具体的思考法【誰でもすぐやる人に変われます】|まとめ

行動力を磨く為の8つの具体的な思考法について説明をしてきました。
どうしても行動できない人はこれら8つの思考法を繰り返し読んで実践してみて下さい。

行動力を磨いて活動的に過ごす事によって
見違えるほど毎日を充実して過ごす事が出来るようになります。

僕もぐうたらでゲームばかりやっていた過去がありますが
今では仕事をしながら1日1冊の読書とブログの投稿本数100記事を超える程の行動量を実現しています。

みなさんもこの記事を参考にして貰えれば行動できる様に変わる事が出来るようになります。

行動を起こすのはいつでしたっけ?

そうです『今』ですよね?

この記事を読み終わった瞬間からぜひ行動に移してみて下さい。
そうすればあなたの未来が変わりますよ。

▼参考文献▼

すぐやる! 「行動力」を高める“科学的な”方法

「すぐやる人」と「やれない人」の習慣 (アスカビジネス)

行動力を高めて磨き上げたい人にオススメの本としては
この2択でOKです。

今まで十数冊の行動力を高める本を読みましたがこの2冊で事足ります。
勉強したいけど本選びで失敗したくない人はどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です