失敗して落ち込んだ時の対処法|ミスを無駄にしない思考法

皆さんは失敗して悩んだり落ち込んだりした事ってありますか?

失敗して落ち込んでる人もいるかもしれませんが人生なんてみんな失敗や挫折の連続です。

失敗しない人など1人もいません。

失敗した後に落ち込むのも一時的には良いです。
でもその後どうするか?って事がめちゃめちゃ大事なんです。

失敗してその後諦めてしまったり挫折してしまったらあなたは前に進む事は出来なくなってしまいます。
そんなのはダメですよね?

そこで今回は

  • 失敗して落ち込んだままではいけない理由
  • 失敗して落ち込んでもそれを成長に繋げる対処方法

についてご紹介していきます。

今回の記事はダイヤモンドの様に強固なメンタルを作る事を目的としている訳ではなく

ヤナギや起き上がりこぼしの様に倒れても倒れても力強く起き上がれるそんな対処法を紹介したいと思います。

ぜひ失敗して落ち込んでもそれを力にする対処法を学んで役に立てて下さい。

失敗して落ち込んだままではいけない理由

失敗して落ち込んだままだとあなたにとってマイナスでしかありません。
なぜマイナスでしかないのかという理由を解説していきます。

失敗すると自信を無くしてしまう

もしあなたが何かを大失敗してしまったら自信が無くなってしまいますよね?
それを裏付ける面白い実験をご紹介します。

参加者にアメフトのゴールの幅を目測で答えてもらい約9メートル先のゴールに向かってキックしてもらいました。

キックを終えたあと再度ゴールの幅を答えてもらったところ
成功した人はゴールの幅を1割ほど広く答え、失敗した人はゴールの幅を1割ほど狭く見積もるようになりました。

成功した人にはゴールが優しく見え、失敗した人には難しく見えたということです。

つまり失敗すると自分が小さく見えてしまい能力が低下したように思えてくるのです。

そうすると実際は能力が下がった訳でもないにも関わらず自信がなくなって目標を追う気力もなくなっていくんです。

失敗して落ち込むと自己評価を下げてしまうというデメリットが存在するんですね。

失敗すると無力感を感じてしまう

失敗すると 「自分は結局この程度の人間なんだ」 と無力感を感じてしまいます。

このようになってしまうと

本当はまだまだ出来るはずなのに無力感に包まれ自分で天井を設定してしまい努力することをやめてしまうのです。

失敗して落ち込んでも早く復活しておかないと努力をするのが困難になってしまうんです。

失敗すると失敗に対して恐怖が生まれてしまう

失敗を繰り返していると

「また失敗したらどうしよう」

と不安が膨らんでうまく力を発揮できなくなってしまいます。

また失敗すると悔しさや失望感や恥の感情が生まれます。
そうすると

挑戦しなければこれらの感情が呼び起こされる事は無いので失敗したくがないために結果的に何も行動しなくなってしまうのです。



さて本題の
失敗から学び成功へと繋げる方法
についてご紹介していきます。

【仕事】失敗から学び成功へと繋げる8つの考え方【人生】

失敗しても前向きに受け止め成功へと繋がる思考5選

もし失敗や挫折をしてしまったら次のように考えるようにしてください。
僕もこれで何度も救われています!

1、失敗は成功の母である

発明家のエジソンは
『失敗とは成功するための方法を見つける過程だ』
と言っています。

失敗と言う経験を積み重ねそれを踏み台にして登って行くことで成功に近づいていこうと教えてくれる名言ですよね!

2、失敗はあなたにチャンスを与えてくれる

たとえ失敗したとしてもそれは
次の成功の始まり
かもしれません。

諦めずに再挑戦することが大事なんです!

3、失敗は自分を強くしてくれる

もし失敗から立ち直ったらあなたは間違いなく今までよりも強くなっています!

4、失敗の中にも成功がある

失敗したらネガティブな面に目が行きがちですよね。

でも実はその中にも隠れた小さな成功があるかもしれません。

小さな成功にも目を向けてみると良いですよ!

5、必ず成功しなくても良いと考える

人は成功したいと望んで努力する過程で既に多くのものを手に入れているんです!

成長や自信は成功した瞬間に得られるものではなくてその道のりで得られるものなのですよ!

だからその過程で自分が何を得たのか一度振り返ってみましょう。

失敗しても改善できる所に目を向け成功に繋げよう

失敗したときに
「自分が無力な人間なんだ」
と思うのではなく

「自分の力で何かを変えられる!」
ということに気づくということがとても大事です。

今までの自分のやり方を見直して新しいやり方がないか↓の方法で探してみましょう!

改善ポイントに気づく思考法

1、どんな失敗をしたのか紙に書いてください。(何度も面接に落ちた)

2、その失敗の原因として考えられる事柄を書き出してみましょう。(準備が足りなかった、前の晩に遅くまで用事があった、電車が遅れて遅刻した、お腹が痛かった)

3、今挙げた事柄の中で自分で変えられる事はどれでしょう。また変えられないのはどれでしょう。(変えられる=準備が足りなかった。変えられない=遅くまで用事があった。電車が遅れた。緊張してお腹が痛くなった。)

4、変えられないことについてそれが本当に代えられないかどうか検証してみましょう。(確かに遅くまで用事があったけどもっと早く切り上げればよかった、断ればよかった。電車が遅れても良いように早く家を出て余裕をもって挑めばよかった。)

5、前のステップの答えを参考に新しい実行計画を決めましょう。(今度からきちんと事前準備をして、前日に用事が入りそうになっても断って、朝は早く家を出て余裕をもって挑めば絶対に面接に間に合うし、緊張してしまっても心を整える時間を持てるだろう

この思考法を元に

失敗したことを視覚化し改善できる所に目を向けましょう。

失敗したことを放って置いたら何も生まれませんからね。

失敗を直視して成功に繋げよう

失敗から目を背けてばかりいると失敗から学ぼうという姿勢になるのはとても難しいことです。

それでは自分が成長しないだけでなく無意識に行動が悪い方へと流れていってしまうのです。

成長は失敗を自分のせいだと認めることから始まるのです。

最初はとてもつらいと思いますが失敗から学ぶ人は皆自分の失敗と向き合っています。

「向き合うは一時の恥、向き合わないは一生の恥」

と思って自分の成長に繋げましょう!

おまけ|不安とプレッシャーから注意をそらそう!

プレッシャーが大きいときは本来の力が出せないことがあります。
これを和らげるのに良いのは口笛を吹くことです。

口笛はちょうどいい位の注意力を使うため口笛吹くことに意識が向けばプレッシャーのことを考えなくて済むので自然な動きを取り戻すことができます。

ホントかよ!

と思った方は実際やってみてください。
意外と効果あるんですよ!

また、プレッシャーを感じると呼吸が浅くなり酸素不足で脳が動きづらくなります。

そういう時は1分間だけ自分の呼吸に意識を集中しましょう。
ゆっくりと呼吸することで息と一緒に緊張も体から出ていくのを想像して感じましょう!

呼吸法と言えばマインドフルネス瞑想もオススメです。

【初心者でもわかる!】マインドフルネス瞑想の効果とやり方を徹底解説【体験談あり】

今や世界のTOPクラスの企業や人材がやっているマインドフルネス瞑想を
あなたも取り入れてみてはいかがでしょう。

気持ちが前向きになりますよ。

【仕事】失敗から学び成功へと繋げる8つの考え方【人生】|まとめ

失敗を成功に繋げる思考法
  • 失敗は成功の母である
  • 失敗はあなたにチャンスを与えてくれる
  • 失敗は自分を強くしてくれる
  • 失敗の中にも成功がある
  • 必ず成功しなくても良いと考える
  • 失敗しても改善できる所に目を向け成功に繋げよう
  • 成長は失敗を自分のせいだと認めることから始まる
  • 向き合うは一時の恥、向き合わないは一生の恥

最後に

失敗や挫折は誰にでもあるものです。

決して恥ずかしい事だったり自信をなくしたりするような事ではないのです!

むしろ「失敗するために挑戦するんだ!」くらいの勢いで挑んでもらえればあなたは絶対に成長するはずです。

僕もそれくらいの気持ちで頑張っていきますよ!

皆さんもがんばりましょう!えいえいおー!

▼参考文献▼


この本のせいで世の中のセラピストさんは商売あがったりになってしまうのではないかと心配してしまうくらいめちゃめちゃ良い本です!
オススメの1冊ですよ!

Twitterでも役立つ情報つぶやいてます!

この記事がよかったと思ったらフォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です