人間関係を改善して職場でうまくいくたった1つのコツ【鏡の法則】

皆さんは職場でウマが合わない人っていらっしゃいますでしょうか?

しかしいくら苦手でも毎日顔を合わせなければなりません。
このままだと自分自身にストレスが溜まってしまいますよね。

なので職場でいくら苦手な人がいようとも関係を改善させることができれば
働きやすくてストレスフリーな仕事環境を整える事が出来ます。

「そんな苦手な人と関係を改善だなんてこっちからお断りだ」

と思うかもしれませんが

自分のストレスになりうる要素は出来るだけ排除したいとも思いますよね?
そしてこのままストレスが溜まる職場も嫌ですよね?

今回は職場の人間関係にフォーカスして
どうすれば人間関係を改善し良好な関係を築きストレスフリーな職場環境を整えられるかのコツをご紹介します。

なや美

職場の人間関係って難しいわよね。
そうだよね。でも基本的に意識することは「1つだけ」なんだ。それをこれから説明していくよ。

よしあき

人間関係を改善して職場でうまくいくたった1つのコツ【鏡の法則】

結論から言ってしまいますと

結論
  • 自分が変われば相手が変わる
  • 反省することが自分を育てる

という事です。
どういう事なのか掘り下げていきます。

大体の人間関係の揉め事の原因は『他人を変えようとするから』

人間関係で揉める原因として多いのは

『他人を無理やり変えようとする』
または
『他人から無理やり変えられようとされる』

という事から始まっているパターンです。

例えば
『他人を無理やり変えようとする』 パターンとして

  • あの人は仕事のやる気がないから自分の仕事論を教えよう
  • せっかく教えてあげたのに全然できないじゃないか
  • 自分の言った通りにやってれば良いんだよ

の様な態度や発言は
例え正論であるとしてもそれが揉め事の原因になっています。

『他人から無理やり変えられようとされる』 パターンは

  • 無理やり仕事論を押し付けられた
  • 自分の考え方や、やり方があるのに無理やり修正するよう言われた
  • 色々と持論ばっかり主張して嫌な奴だ

の様に無理やり変わるよう言われても
「なんだあいつは」
と思ってしまいますよね。

ここで面白い詩をご紹介します。

常に正しいのは自分で相手が悪い。これが人の常。
人は転ぶと  坂のせいにする
坂が無ければ  石のせいにする
石が無ければ  靴のせいにする
人はなかなか自分のせいにしたがらない

この詩は何を言いたいのかと言うと

『結局のところ人間は問題解決を他人に求めてしまう生き物』

という事を伝えてくれています。

言った方言われた方のどちらが悪いという話ではありません。

大事なのは問題を人のせいにすることではなく
自分自身の問題と捉えて心と態度を変えましょう。
そうすれば相手も心と態度を変えてくれます。

どういうことなのか
以下で解説していきます。

なや美

人間関係の拗れってたくさん原因がある様に思うけど元をたどれば『他人を変えようとするから(されるから)』に集約されるってイメージなのかな?
そうだよ。多くの人はついつい他人や環境のせいにしてしまいがちだけど大事なのは自分の問題と捉える事なんだ。プライドさえ邪魔しなければ難しい事ではないよ。

よしあき

自分か変われば相手も変わる『鏡の法則』

この鏡の法則とは
『自分の相手に対する心と態度が、相手の自分に対する心と態度となって返ってくる』

という物です。

つまり、相手は自分の「写し鏡」という事なんです。

上の図の様に

  • 自分が正解なんだ
  • 自分が良ければ良い

という様な
利己的な考えを持っていると
その態度や心は鏡を通して相手にも反映されてしまいます。

しかし一方で

  • 相手の喜びを考える
  • 相手の痛みを理解する
  • 相手に感謝する
  • 相手を許す
  • 相手を認める

の様な
利他的、道徳的な考えを持つと
相手も自分の事を理解し、感謝、許し、認めるという良い関係になっていきます。

つまり

職場でウマが合わない人がいて困っているけど
どうすれば人間関係を改善し良好な関係を築きストレスフリーな職場環境を整えられるかというと

他人に感謝しよう→そうすれば他人から感謝される
他人に優しくしよう→そうすれば他人から優しくされる
他人を信用しよう→そうすれば他人から信用される
他人に親切にしよう→そうすれば他人から親切にされる
他人を尊敬しよう→そうすれば他人から尊敬される

これに尽きるという事です。

あとは
「なんであんな奴に感謝しなきゃいけないの?」
という無駄なプライドを捨てるだけです。

これが難しいんですけどね。

なや美

なるほど、良くも悪くも自分の態度が相手にも反映されてしまうのね。
そうだよ、相手を変えたいならまず自分が変わる。これが人間関係を改善するたった1つの方法なんだよ。

よしあき

結論|自分自身を反省してみよう

自分を見つめなおして反省をしていく事が

職場で円滑な人間関係を作っていく為の根本になっていきます。

  • 「あいつが悪い」
  • 「この環境が悪い」

ではなくて

  • 「こうなったのは自分に原因があるんじゃないか?」

と考え始めたら段々とうまくいき始めます。

荷物が重たいのではない。
自分の力が足りないのだ。

こう考えられる人だけが成長していきます。

結論
  • 自分が変われば相手も変わる
  • 自分を反省することが自分を育てる

まずは自分の行動を見直し反省し
そしてそれを元に自分を少しづつ変えて行きましょう。

そうすれば自然と
人間関係を改善し良好な関係を築きストレスフリーな職場環境を整える事ができます。

これが人間関係を改善して職場でうまくいくたった1つのコツです。

なや美

私も「あんなムカつくやつどーでもいいし関わりたくない」っていう変なプライドを捨てて自分の事反省してみるわ。
そうだね。それが自分が変わる第一歩になるよ。自分が変われば相手も変わるから自然と働きやすい環境になっていくはずだよ。

よしあき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です