謙遜されずに上手に褒める裏技的な方法|褒めるのが苦手な人でもOKです

こんにちは!
僕は褒められて伸びるタイプなんですが
褒められるとすぐ調子にのって失敗するめんどくさいタイプです(/ω\)

ところで皆さんは人を褒めるのが上手なタイプですか?
それとも苦手なタイプですか?

上手に褒めているつもりでも人から見たらおだてられてるだけと思われている可能性もあります。

実は人を上手に褒める事はとっても大事な事なんです。

  • 人から好かれる人間になる
  • 人を好きになれる

これが出来ると毎日の生活や人間関係がとてもスムーズになり
気持ちよく過ごせる環境が出来たり
困ったときには助けてもらえたりと色々なメリットがあります。

でも日本人は褒められると
「いえいえ、そんな事無いですよー。」
と謙遜したりするじゃないですか?

また、褒めようと思っても
「もし失敗したらどうしよう・・・」
という不安もありますよね?

なので今回は

  • 謙遜されない上手な褒め方
  • 褒め上手になる為の3ステップ
  • 褒める事による様々な嬉しい効果

についてご紹介していきます。

なや美

褒め上手になるといろんなメリットがあるんだね!
そうだよ。気持ちよく過ごせる環境ができたり、人間関係がスムーズになったり、困ったときには助けてもらえるようになるんだ。今回は上手な褒め方についてご紹介していくよ!

よしあき

謙遜されずに上手に褒める裏技的な方法|褒めるのが苦手な人でもOKです

褒めやすい所と褒めにくい所を分けて見よう

人を褒めるときに大きく分けて見るところが2つあります。
それは
「褒めやすい所」

「褒めにくい所」
です。

なや美

ふむふむ、褒めやすい所って?

『褒めやすい所』
・その人の外見
・髪型、服装、アクセサリー、バッグ、色など

これらは簡単に褒める事が出来ると思います。

なや美

じゃあ褒めにくい所は?

『褒めにくい所』
・その人の本人自身(性格や内面)
・その人の得意なスキル等

これはちょっと難しいですよね。
「山田さんの性格ってとっても良いですよね!」
「山田さんって料理とっても上手ですよね!」

といっても
褒める事に慣れていない内は

「いえいえ、そんなことないですよ。」
と、謙遜されてしまいます。

そもそもその人の持っている性格やスキルが本人からしたら褒められるほどの事ではないと思っているかもしれないんです。

なや美

なるほど。最初っからなんでもかんでも褒めればいいってわけじゃないのね
褒めにくい所を褒めてもいいんだけど最初は褒めやすい所から慣れていくのがいいよ。

よしあき

謙遜されない褒め上手を目指す為に褒めやすい所から挑戦してみよう!

最初は「褒めやすい所」を見つけて褒める練習をしていきましょう!

例えば
「トランプさんのその赤いネクタイめっちゃ似合ってますね!」
「ヒラリーさんそのバッグすごく可愛くて良いですね!」

などです。
とはいえ、慣れないうちは

無理やり感や不自然感が出てしまうものです。

そこでそんな方でも大丈夫な少し裏技的方法をご紹介します。

謙遜されずに褒める効果が上がる裏技的方法|疑問形編

褒める事を疑問形にするとちょっと説得力がUPします!
ちょっと裏技感があり僕は好きで良く使ってます。

  • 「中村さんその髪型いいですね!どこでカットしてもらったんですか?」
  • 「玉緒さんその和服お似合いですね!どこで買ったんですか?」

などです。

疑問形にすると使いやすさも説得力も上がり、相手も謙遜する暇を与えず会話が流れていくので自然な形で褒められるハズです。

なや美

なるほど。ちょっと裏技感あるわね。

謙遜されずに褒める効果が上がる裏技的方法|本人のいないところで褒める編

これも自分は良く使います。
心理学では「ウィンザー効果」というちゃんとした名前もあるんですよ!

本人がいないところで褒めて第三者を通じてそれが本人に伝わると
褒められた側は直接褒められた時よりも嬉しさが増し
褒めてくれた人により好感が増すという効果が期待できるんです。

しかも直接褒めている訳ではないので謙遜されることはありません。

「ちょっと直接言うのは恥ずかしいな」
「直接は照れるなぁ」

という人はこの裏技を使うのもアリですよ。

でも自分は褒めるのが下手だしなぁ
と思っている方は以下の方法で褒める技術を磨くチャレンジを試してみて下さい。

なや美

これも使いやすそうね。ちょっと計算高いような気もするけど効果は抜群なら使ってもいいかもね。

褒める技術を磨く3ステップ

今回は褒めるのが上手くなる為の3ステップをご紹介します。

褒めるのが苦手
謙遜されない様に褒めれる人になりたい

という人はちょっと意識してみて下さい。

褒める技術をアップさせよう!

褒める技術が上がる3ステップ
  • 1日3回誰かを褒める。
  • 褒めやすい事について褒める(髪型、服、アクセサリー)
  • 段々と慣れてきたら内面や性格など「褒めにくい事」も試してみる。

※ただしウソは言わない様に。それは相手に伝わります。褒められているのではなくおだてられていると思われてしまいます。

1日3回誰かを褒める事を続けて下さい。

そうすると段々と他人のちょっとした変化に気づくようになったり
今まで見えなかった良い面が見えてくるようになり
自分のアンテナがどんどん広がっていきます。

そして『1日3褒』を意識しているとそれが自分の習慣になり自然に褒められる様になっていきます。

褒める事に慣れてきたら?

褒めるのが上手くなってきたなと思ったら段々と相手の内面や性格なども褒めていきましょう!

褒め上手になれれば謙遜される事無く「褒めにくい所」でも相手の心にスっと入っていくはずですよ。

なや美

1日3褒めかぁ!ちょっと頑張れば私でも出来そう!

褒めるスキルが身につくと起きる良い変化7つ

褒めるスキルが身についてくると

謙遜されにくくなる
相手に気持ちよくなってもらう

以外にも自分にとってたくさんのメリットがあります。

自分にとってのメリットって?

褒める事で起きる変化7選
  • 周りの人が幸せな気持ちになりコミュニケーションが円滑に進む。
  • 自分の周りに人が集まってくるようになる。
  • 褒め上手になると教え方も上手になっていくので自然にリーダー的存在になっていく。
  • 自分が困ったときに助けてもらえたり相談に乗ってくれる。
  • 人はお返しをしたいと思う生き物。自分では気づかなかった良い所を人から褒めてもらって初めて気づくかも!?
  • 人から好かれる人間になる
  • 人を好きになれる

自分は
「褒める事が苦手だな」
「人と話すのが苦手だな」
と思っている人がいるのであれば

ゆっくりで構いません
1日3回どんな小さな事でも構いません。
人を褒める事に挑戦していってみてはいかがでしょうか?

なや美

こんなに良い事がたくさんあるんだね。1日3褒めやってみる!
良い事だね。まずは周りの人たちの行動をよーく見て見よう。だんだんと慣れてきて相手の良い所が見つかる様になるよ。

よしあき

謙遜されずに上手に褒める裏技的な方法|褒めるのが苦手な人でもOKです|まとめ

流し読みした人はコレを見て!

まとめ
  • 最初は褒めやすい外見や持ち物、髪型、アクセサリーなどから褒めて見よう!
  • 疑問形で褒めると謙遜される隙を与えず自然な形で褒められる。
  • 第三者を通じて褒め、それが相手に伝わると嬉しさや好感度がかなりアップする。もちろん直接じゃないので謙遜されません。
  • まず最初は褒めやすい所から挑戦し、慣れてきたら褒めにくい所も挑戦してみよう。
  • まずは1日3褒めに挑戦して習慣化してみよう。
  • 褒める事で自分にも多くのメリットがある。褒めないという選択肢はもはや無いです。

おまけ|褒めるという事の本質

今の時代「褒める」事を疎かにしている人が多いような気がしてなりません。
逆を言えば自分が褒めるスキルを身に付けたらそれは強力な武器になります。

ですが、ただ褒めれば良いという事ではないのは最初に書いた通りです。
それは褒めるではなく
「おだてる」
になってしまいます。

「この人に良い人間と思われたい」
という気持ちもすぐに見透かされてしまいます。

大事なのは相手の良い所を見つけたら自分が好きになる事です。
そうすることで「褒める」という行為にも深みが出てきます。

相手の良い所を好きになれれば相手の心に刺さる褒め言葉がどんどん出てくるはずです。

褒めるという事は人間関係を良好に築き保つ為の潤滑油的な存在です。
ぜひこの機会に
『1日3褒め』
を意識してみましょう!

驚くほど世界が変わりますよ!

関連書籍|オススメ書籍

  • 褒め活 ― 褒め言葉はタダでできる最高のプレゼント

褒め方の具体的な例やシチュエーションが豊富でこの記事に興味を持っていただいた方にはオススメの1冊になります。

想像してください。
周りのみんなと円滑に物事が進んでいく様子。
職場や家庭に笑顔が絶えない様子。
やる気が満ちてエネルギッシュに活動する自分の様子。

この本を読んで行動すれば人生が好転します。
サブタイトルにもある『褒め言葉はタダでできる最高のプレゼント』
とはまったくその通りで褒める事はちょっとこっぱずかしいくらいで殆どリスクがないんです。

そんなゼロコストで出来る人生を豊かにする方法をこの本は解説してくれています。
書籍代の10倍以上のリターンがあるはずです!
ぜひご一読を。

  • たった一言で人生が変わるほめ言葉の魔法

コチラは実際にあった褒める事によって事態が急速に良くなった事例を多数紹介されています。

また、難しい言葉も一切なく
本を読む事が苦手な人でも1時間くらいで読める
わかりやすい1冊になります。

褒めるのは良い事って分かってはいたんだけど
こんなにも良い事だったんだ!
今日からやってみよう!

と思わせてくれる最高の1冊になります!

以上
謙遜されずに上手に褒める裏技的な方法|褒めるのが苦手な人でもOKです
でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です